AD SPACE

2012-05-16

健康に、コーヒーはどれほど良いか?

美容と医学の科学

CBS Newsは2012年05月17日に、発行されたニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(New England Journal of Medicine)で、1995年から始まった、カリフォルニア、フロリダ、ルイジアナ、ニュージャージー、ノースカロライナ、ペンシルバニア、およびアトランタおよびデトロイトに住んでいた50歳から70歳のAARPメンバー402,260人を対象にした調査結果が公表されたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

Association of Coffee Drinking with Total and Cause-Specific Mortality
Neal D. Freedman, Ph.D., Yikyung Park, Sc.D., Christian C. Abnet, Ph.D., Albert R. Hollenbeck, Ph.D., and Rashmi Sinha, Ph.D.

N Engl J Med 2012; 366:1891-1904May 17, 2012

この調査には、すでに心臓病、ストロークあるいは癌を既に持っていた人は研究対象から排除された。

また、1日当たり極端に、あまりにも多く食べる人、あるいはあまりにもわずかのカロリーしか食べなかった人も対象から排除された。

この長期の研究調査の結果、いくつかのことが明らかになった。
コーヒーが、臓病のための危険を押し上げる一方、胸と皮膚癌に対して保護しているかもしれないことが判ったと報告している。

コーヒーを飲まなかった人々と比較して、1日当たり2〜3カップのコーヒーを飲んでいた人は、どの世代でも死が10%減っていそうであったと言っている。

女性の場合は、それが13%減っていた。

1日当たり1カップの場合でさえ、男性は6%、女性は5%、死の危険が低いようであた。

研究で見られたもっとも死の危険を回避していたのは、1日当たり4〜5カップ飲んでいた女性で、死の危険が印象的な16%、死の危険が低いいことが判った。

一般に、コーヒーを飲み人は心臓、呼吸器疾患、ストローク、糖尿病、傷、事故あるいは伝染病で死の危険を回避していた。

しかし、その効力は、癌死亡危険上では、見られなかったと言っている。

国立癌研究所の研究主任ニール・フリードマン(Neal Freedman of the National Cancer Institute)は、「コーヒーを飲むことは、適度の利益が実際にあるかもしれません。」と言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.