on-the-time.jp

2012-05-16

支払いは、エラーと不正行為で2016年までに毎年US$3000億損失!

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、ジュピター・リサーチ(Juniper Research)からの新しい調査報告書からの情報として、携帯電話ネットワーク事業者が2016年までに不正行為および支払いエラーのコンビネーションで、とんど収入の4分の1(ほぼUS$3000億)を失うことに直面することが分かったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、それは、収入保証および不正行為運営方法のインプリメンテーションを通じて、その時間までにネットワーク事業者が、潜在的でグローバルな漏出の目盛りをUS$2500億以上本質的に縮小することができるだろうと主張した。

その報告書で、起訴可能な事件レベルが増加し、事業者の収入は合計昨年US$9000億以上になるように、ネットワーク・コンフィギュレーション、格付けおよびビリングへの販売から収益循環を横切ってネットワークが、次には漏出中の高揚を経験したことが分かった。

収入漏出はアフリカにおいて高いことが明らかになっている。

その報告書は、正しくないビリングから評価と請求のために請求システムに送信されていない、有料通話レコードまで及んで、そのような漏出が多くの場合システム・エラーの結果である間、ネットワークが不正行為での急騰をさらに経験していると述べた。

報告書によれば、特に高い割合があるところに、収入漏出レベルはアフリカ&中東で現在最も高く、詐欺師はその下で呼び出し終了料金を払わないようにするバイパス不正行為(bypass fraud)およびSIMクローニングを相互に連結させる。

しかし、報告書共同執筆者ウィンザー・ホールデン博士(according to report co-author Dr Windsor Holden)によれば、もっと形式化されたリスク管理アプローチの導入は、著しくこれらの問題を緩和する。

「その運用上のプロセス統合および自動化によって、MNOは、隠れたロスあるいは不正行為を急速に検知するために完全な収入鎖の360度の視界を確立することができる。要求されるものはリアル・タイム解析論および率先したビジネス・インテリジェンスのコンビネーションです。」と言っている。

今回の報告書からの他の重要な発見物は、
* 収入保証および不正行為管理の両方が同じデータを利用するとすれば、事業者はオペレーションの両方のセットを可能にする一つの技術プラットフォームを展開させることができ展開させるべきである。
* 複数の部門にまたがる共同作業および情報共有の不足は、漏出の縮小へのハードルのままであった。

Cellular-Newsは2012年05月13日に、ガーナ国立コミュニケーション・オーソリティ(Ghana's National Communication Authority)は、正確に国際通話交通を記録していることを保証するために、国のテレコム・ネットワークを監査するだろうと言ったと報告した。

政府は国際通話に課税し、昨年、それらからの税金で約US$6400万を得た。

伝えられるところによれば、それは、公式ネットワーク経路の場合で、したがって、税を回避して、呼び出しを終了する「SIMボックス」の使用が上昇のことでを心配している。

また、先進国でモバイル・マネーが始まると、どこが主導するかによって、不正行為および支払いエラーのコンビネーションで、とんでもない金額が計上されるかもしれない。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.