2012年05月17日

国際宇宙ステーションで撮影された画像合成で完成した長時間露光写真。

NASAは、地球から240マイルの地球軌道上にある衛星ISS(Earth-orbiting International Space Station/国際宇宙ステーション)で撮影された一連画像合成で完成した長時間露光写真を公開した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

遠征31のフライト・エンジニアであるドン・ペティット(Expedition 31 Flight Engineer Don Pettit)が、この常に画像を撮影し続ける写真技術を考案し、達成した。

「私の星の軌跡イメージは、約10〜15分のタイム露出をとることにより作られます。
しかし、最新のデジタル・カメラで、効果的にイメージを外へ雪でおおっている電子探知器ノイズ(electronic detector noise)により、30秒は、可能な限りの最長の露出になります。
そこで私は、多くのアマチュア天文学者が長い露出時間を達成するためにすることを利用しました。私は複数の露出時間30秒を繰り返し、そしてイメージング・ソフトウェアを用いてそれらを「積み重ねる」ことにより長い露出を生じさせました。」

今回の画像は、宇宙飛行士にモニターされた静止しているカメラによって撮影された合計18の画像を合成し、組み合わせて作成された。

この技術は、最新のデジタル・カメラで天文撮影するには、不可欠のテクニックになっている。

Image Credit: NASA

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告