2012年05月17日

シアニド(cyanide)より猛毒な魚を食う日本人!

BBC Newsは、日本人の微妙(Japanese delicacy)さ、フグ(blowfish)は非常に有毒なので、その準備で最も小さな誤りは致命的になりえる。

しかし、東京都議会は、高度に訓練された有資格シェフが料理を出すことを可能にする規制を緩和を計画していると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

フグの料理人Kunio Miuraは、フグをさばく準備をするために、特別の包丁を常に使用する。

彼が調理場で仕事を始める前、それらは特別の箱に注意深く格納されて、助手によって彼のところに持って来られる。

フグの料理人Kunio Miuraは、60年間フグを調理してきた。
まだ注意してタスクを頂点に近づけようと細心の注意をする。

単一の誤りは顧客にとって死を意味することになる。

フグは日本の高価な微妙さ、また、それを出すレストランは国で最も素晴らしいものの中にある。

フグの料理人Kunio Miuraは、食事にUS$120を要求する。
しかし、人々は、喜んで今、年と共に黄色になって、彼の壁にマウントされたフグ・シェフ・ライセンスの保証の代価を払う。

彼は、フグ料理を出すことを東京の市議会によって認められた選択したギルドのうちの1人である。

彼が仕事を始める場合、プロセスは速い、そしてレストラン・ドアを通ってそれらのタンクの中で泳ぐ、生き残るフグに慈悲深く見えない。

そう言えば、以前ディスカバリー・チャンネルで、レポーターがフグを食うとき、完全に自分はこれから死ぬを信じているようだった。

この世の中には、まだ食うものがいっぱいある。
なぜ、そこまでして日本人は、シアニド(cyanide)より猛毒な魚を食うのか?と言っていた。

規制緩和により、もうすぐ、フグはより安いレストランおよびパブ(izakayas)でも食うことができるようになるだろうと言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト