gaYa広告

2012年05月17日

企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!

新華社は中国証券網(中国证券网/中証網)からの情報として、中国の北京市で出稼ぎ農民は、主にサービス業のような業種に従事している。
ここ数年、北京での支出が大幅に増えているため、故郷に帰って起業する出稼ぎ者が増えている。
企業にとって、労働力不足に悩む北京では、食事や寮付き、福利厚生の充実などが従業員を引き止める鍵となっていると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

生活情報サービス型サイト赶集网の責任者は「北京では生活にかかる費用が高すぎるため、食事や福祉、住環境などが一般労働者の求人で重要な要因になる」と指摘した。
一般求職者と求人者の架け橋として、「食事・寮付き」サービスを始めている。

統計によれば、宅配便サービス、セールスマン、警備員、配達員、作業者、店員、見習い工、運転手、洗車担当者、マッサージ師などの人材が不足している。
月給は2000~3000元、3000~5000元が中心で、賃金は例年より大幅に向上し、企業の福祉待遇も改善されている。

サービス業では、1990年生まれの世代「90後(90后)」が中堅従業員に成長している。
建築英才網が騰訊教育、騰訊微博と行った4万人以上を対象にした調査によれば、「90後」は仕事プレッシャーが強くなっている。
自分の考えが企業文化と不一致であれば、53%の「90後」は自意識を変える。
味気ない仕事と長い残業時間などに対し、45%以上の「90後」は積極的に対処する。
55%以上の「90後」は昇給のために頑張り、20%が報酬を理由に仕事を止めるという。

新浪微博(中国版ツイッター)の調査では、
若者が職場を好む理由は「仕事が楽しい(50%)」、
「新しいものを学べる(20%)」、
「人間関係の悩みがない(12%)」だった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告