on-the-time.jp

2012年05月17日

KFCに負けているマクドナルド中国、年内7万人採用。

新華社は中国証券網(中国证券网/中証網)からの情報として、米国マクドナルドの中国初の人材募集センターが、広東省広州市の広州青年文化宮マクドナルド店に設立され、マクドナルド中国(麦当劳)の張家茵副総裁は、羊城晩報の独占取材に対し、「年内に従業員7万人を採用する」と語ったと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

マグルナルド中国の公開資料によると、1990年に同省深セン進出して以来、中国での店舗数は1400店を突破し、中国の同社従業員数は8万人で、1店舗当たりの従業員数57人になるが、それを1年で倍近くの拡大することになる。

張家茵副総裁は、2013年までに2000店に増やす予定で、2012年に225~250店を開店すると明らかにした。
250店で1万4285人の従業員が必要となる。

マグルナルドの人材流出率について、張家茵副総裁は、「市場の平均を下回る」と語っている。

7万人の募集計画が予定通りに完了すれば、5万5715人が余剰人員になる。

ヤム・ブランズの関連資料によると、中国で大成功しているKFC(肯德基家乡鸡/ケンタッキーフライドチキン)の中国店舗数は3500店を突破し、世界的にはマクドナルドの人気度がKFCを上回るが、中国でKFCのシェアはマクドナルドを引き離しているのが現状である。

中投顧問の康建華ホテル・飲食業研究員によると、マクドナルドの大規模な拡張の目的は、中国の巨大な市場を狙う以外、対KFCの競争力を強化することを指摘している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。