gaYa広告

2012年05月15日

iPhoneユーザーのほぼ半分は、iTVを買う?

Cellular-Newsは、アップルからの「iTV」の着手に対する推測が増大し続けるとともに、ストラテジー・アナリティックス(Strategy Analytics)が新しい研究調査を実施し、既存のiPhoneユーザーのほぼ半分が、iTVを非常に買いそうか、あるいは着手のすぐ後に買うと報告した。

ソニー、フィリップスを始め、テレビで苦戦しているが、アップルが売ると売れることになると、困るのと同時に、テレビが売れ始めるかもしれないという複雑な心境だろう。

しかし、これでアップルは家電メーカーになったことになり、ソニーと同じ路線を進むことになることだろう。
それはまた、ソニーがオールド企業になったことを証明したことにもなる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この調査は、2012年3月に米国、フランス、ドイツ、イタリアおよびイギリスで6,000人の消費者を対象に実施されたStrategy Analytics ConsumerMetrix survey に基づいている。

ディレクターで、報告書の著者Jia Wuは、「アップルのスマート・テレビの詳細はまだ未知であるが、既存のアップルの顧客は明白に強い興味を実証します。」
「その間に、アップルが別の草分け的な製品を売り出しても、消費者は価格にまだ敏感です。アップルiTVの成功は、適切な小売り市場価格と革新とを一致させるアップルの能力に依存します。」と言っている。

高いデバイス・マージンに伝統的に頼っているアップルは、iTVのための適正価格/要求バランスを見つけるように促される。

調査された米国の消費者の35%はアップル・ブランド・テレビにUS$1,000以上を払う意欲を示しているが、14%だけが進んでUS$1600を払うと言っている。

アナリストKantideep Thotaは、「サムソン、ソニー、LGおよび他の主なテレビ・メーカーは、アップルiTV着手の見通しによって最も恐怖を感じている。」

「非アップル・テレビ所有者の4分の1は、潜在的に適正に短期間のアップル・ブランド・テレビに移動することができました。」と言っている。

この調査は、15歳〜74歳の米国でn=2038人、ヨーロッパでn=3996人を対象にした。
インターネット・ユーザーの米国およびヨーロッパの人口を表わすために、ストラテジー・アナリティックスは、国別、年齢別、ジェンダー別およびインターネット使用によって、データにそれぞれ重みを加えた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。