2012年05月15日

iPhoneユーザーのほぼ半分は、iTVを買う?

Cellular-Newsは、アップルからの「iTV」の着手に対する推測が増大し続けるとともに、ストラテジー・アナリティックス(Strategy Analytics)が新しい研究調査を実施し、既存のiPhoneユーザーのほぼ半分が、iTVを非常に買いそうか、あるいは着手のすぐ後に買うと報告した。

ソニー、フィリップスを始め、テレビで苦戦しているが、アップルが売ると売れることになると、困るのと同時に、テレビが売れ始めるかもしれないという複雑な心境だろう。

しかし、これでアップルは家電メーカーになったことになり、ソニーと同じ路線を進むことになることだろう。
それはまた、ソニーがオールド企業になったことを証明したことにもなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この調査は、2012年3月に米国、フランス、ドイツ、イタリアおよびイギリスで6,000人の消費者を対象に実施されたStrategy Analytics ConsumerMetrix survey に基づいている。

ディレクターで、報告書の著者Jia Wuは、「アップルのスマート・テレビの詳細はまだ未知であるが、既存のアップルの顧客は明白に強い興味を実証します。」
「その間に、アップルが別の草分け的な製品を売り出しても、消費者は価格にまだ敏感です。アップルiTVの成功は、適切な小売り市場価格と革新とを一致させるアップルの能力に依存します。」と言っている。

高いデバイス・マージンに伝統的に頼っているアップルは、iTVのための適正価格/要求バランスを見つけるように促される。

調査された米国の消費者の35%はアップル・ブランド・テレビにUS$1,000以上を払う意欲を示しているが、14%だけが進んでUS$1600を払うと言っている。

アナリストKantideep Thotaは、「サムソン、ソニー、LGおよび他の主なテレビ・メーカーは、アップルiTV着手の見通しによって最も恐怖を感じている。」

「非アップル・テレビ所有者の4分の1は、潜在的に適正に短期間のアップル・ブランド・テレビに移動することができました。」と言っている。

この調査は、15歳〜74歳の米国でn=2038人、ヨーロッパでn=3996人を対象にした。
インターネット・ユーザーの米国およびヨーロッパの人口を表わすために、ストラテジー・アナリティックスは、国別、年齢別、ジェンダー別およびインターネット使用によって、データにそれぞれ重みを加えた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。