gaYa広告

2012年05月17日

スコットランドで、ネッシーではない海怪物を建設!

BBC Newsは、スコットランド最北のオークニー(Orkney)で、嵐の水域へ巨大なタービンを水面下にインストールし、水の流れ出発電する実験が行われていると報告した。

巨大な機械は風力タービンに似ているが、流れの重い力に耐えるように作られている。

開発者ケイス・アンダーソン(Keith Anderson, CEO, Scottish Power Renewables)は、スコットランドの電力を作り出すために来年、世界で最大の潮の配列になるアイレーからタービンのうちの10基をインストールすることを計画している。

これは潮および波動エネルギーの可能性の中で、主なエンジニアリングおよび電力会社から成長している興味の中で実施される。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

BBCニュース科学エディターのデービッド・シュークマン(BBC News Science Editor David Shukman)は試験が行なわれているタービンのうちの1つを見に行った。

潮および波動エネルギーによる発電は、面白い実験が多い。

国土交通省が2012年04月23日に、福島県沖に風力発電を建設するというニュースもあるが、三陸沖は親潮(千島海流)が流れ、そこには日本海の対馬海流も流れ込んでいる。

風力発電では、良く火災も起こっているが、海水の中では、それも起こらない。

米国のJournalism.orgは2009年7月20日から24日のthe Pew Research Center's Project for Excellence in Journalismによるメディア・インデックス「PEJ New Media Index: July 20-24, 2009」を2009年07月31日に公開し、Twitterでは、ニュースリンクの49%がイランで、イランでの抗議が連続トップで6週間目に入った。

David Cyranoskiは2008年06月04日に「Japanese nuclear plant in quake risk」を公開し、日本の再処理施設は活断層の上に建設されているのかもしれないと報告した。

New Scientistは2008年12月10日に、圧電性の結晶体を道路の下に敷き詰めることで、交通が激しいアスファルト道路の振動を利用して、エネルギーを取り込む技術を開発したと報告した。

New Scientistは2008年11月19日に、航空宇宙巨人として世界的に有名なロケット・ビジネス科学技術会社ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)社が最近、珍しい配管工事に関する技術開発をしていると報告した。

New Scientistは2007年06月14日に、イギリスAWS Ocean Energy社が嵐の影響を受けにくいように水面下50cmに設置される波の力で発電する装置を開発し、2008年に最初の5個のテストブイをスコットランドの海岸に設置すると報告した。

世界で初めて、海の波エネルギーで発電する商用海洋エネルギー発電をポルトガルで建設するため、スコットランドのエディンバラに本社があるOcean Power Delivery社がポルトガルの共同体と契約書にサインをしたと2005年05月24日に報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。