on-the-time.jp

2012-05-16

日本の大手銀行はつらい年を予測。

銀行

BBC Newsは、日本の最大手銀行はつらい利益で、トップ3つのうちの2つで滝を予測して、今後年に期待していると報告した。

日本で最大の貸し主である三菱東京UFJは、2013年3月末に、前年からの31.7%の低下で、年6700億円(US$83億)に純益が落ちることを予期したと言った。

三井住友フィナンシャルグループは、利益の7.4%の低下を予期したと言った。

銀行は、さらに近年利益を押し上げた国債取引からの大幅な収益を見ているかのしれない。

三菱UFJの中の株価は、水曜日に1.4%落ちた。
その一方で三井住友フィナンシャルグループの株価は0.3%浸った。

しかし、みずほフィナンシャンルグループのシェアは1.8%上がって終了した。

[AD] You can advertise on this site.

火曜日に、純益が3.2%上昇して現在の会計年度はアナリストの3742億円の期待より良く、5000億円になると予測した。

予測上昇は、主として昨年ロスを報告した後に、みずほのインベストメント・バンキング腕が当期に有益になるだろうという期待からであった。

2012年3月に終了する会計年度について、新興市場の中でヨーロッパの銀行から市場占有率を受け取り、日本の銀行は固定利益を計上することができた。

銀行は、第4四半期の株式市場の上昇と同様に、国債の収益の交換によりさらに押し上げられた。

火曜日に、みずほは、1年前からの17.2%アップで、4845億円の純益を報告した。
三菱UFJの利益は68%急騰して9813億円になり、その一方で住友三井の利益は9%上昇して5185億円になった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.