gaYa広告

2012年05月15日

メキシコの作家カルロス・フエンテスが死去した。

BBC Newsは2012年05月16日に、政治と文化上のフィクションとエッセイで知られた多作のメキシコ作家カルロス・フエンテス(Carlos Fuentes/1985 - 2012)が83歳で、キシコシティの病院で死去したと報告した。

死因に関してコメントはなかったと言っている。

彼は1928年にパナマで外交官の息子として生まれ、16歳でメキシコに引っ越してきた。

幼年期は父親の関係で、西半球を動き回り、多くを過ごした。

カルロス・フエンテスの有名な作品は、「The Death of Artemio Cruz」と「The Old Gringo」であった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

彼はラテンアメリカ・ブーム(Latin American Boom)に関係し、政治上重大な作品が確立している伝統を捨て、主として若い著者から構成された文学の移動を支援していた。

作品の多くは、歴史上の出来事に接近していた。

彼の話は、ラテンアメリカ・ブームの彼の同時代の人のそのように、めったに線形でなく、その代り、フラッシュバックに依存しており、展望を変更していた。

「The Old Gringo」は、1989年にグレゴリー・ペック(Gregory Peck)が主演する映画になった。
このストーリーは、アメリカ人ジャーナリストであったアンブローズ・ビアスの現実の失踪(real-life disappearance of American journalist Ambrose Bierce)によって1910-1920メキシコ革命に励起された内容であった。

さらに、彼は、ワシントンの考えに従う政策およびテロとの戦いを含む、米国管理の多弁の批評家でもあった。

BBCのインタビューで、彼は、麻薬との戦いへの異なるアプローチを要求した。
さらに、彼は「普通のこと」としてメキシコの大統領選挙に3つの主な候補について記述した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。