gaYa広告

2012年05月15日

キューバの首都ハバナの通りで開催された芸術祭「Havana Bienal」!

BBC Newsは、キューバの首都ハバナの通りで、芸術祭「Havana Bienal」が開催され、岸堤に拘束された裸の人、2人の女性が劇場の正面でかぎ針編みをし、暑苦しい日光下で至る所で徐行して、それは、すべてハバナ開催されている芸術祭「Havana Bienal」の作品で、公共の空間の中で美術品の多くを、もたらすように主催者は決定したと報告した。

これらは、より多くの人に展示と実行へのアクセスを許可した。

したがって、都市の最もみすぼらしい裏通りのうちのいくつかでは、古臭い地元住民の巨大な肖像が壁を砕くことに現われた。

それらの顔の上のしわはレンガ造りの中の割れ目に混じった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

プロジェクトのためにキューバ人のホセ・パルラ(José Parla)と共に働いた21人の中の一人フランス人画家JRは、
「チェ・ゲバラやフィデル・カストロ、ラウル・カストロ以外の単に有名でない人が、通りに初めて描かれた。」と言っている。

「それは非常に人々を驚かしたものです。」
「それが隣人のまさに1人であると、私たちが彼らに伝える場合、それらは言葉に迷います。」とJRが言った。
「人々は、芸術に関してここで非常に教育されますが、全くギャラリーへ行きません。」とパルラが付け加えた。
「したがって私は、私たちが技術を公に持って来て、何を行っているかが実際に重要であると思います。」と言ってる。

また、それは裏通りだけではない。:

「Havana Bienal」は、有名な海岸通りを戸外を画廊に転換した。

こういうとき、芸術って凄い!
すべてを取り払っただけでアートになる。

岡本太郎が生前、「芸術は爆発だ!」と言ったが、そこのくだらないイデオロギーを持ち込まないで、感情で楽しんで欲しい!

昔、福田繁雄さんがキューバに招待され出かけ、興奮して帰ってきたときに、私が福田繁雄さんが持ち替えてきた資料で、雑誌「グラフィック・デザイン」の特集を組んだことがある。

共産主義のアートは、すべてわら半紙に印刷した!

都会のアートは凄い!

May 20 - 25, 2012
Havana
6 Days / 5 Nights

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告