2012年05月15日

キューバの首都ハバナの通りで開催された芸術祭「Havana Bienal」!

BBC Newsは、キューバの首都ハバナの通りで、芸術祭「Havana Bienal」が開催され、岸堤に拘束された裸の人、2人の女性が劇場の正面でかぎ針編みをし、暑苦しい日光下で至る所で徐行して、それは、すべてハバナ開催されている芸術祭「Havana Bienal」の作品で、公共の空間の中で美術品の多くを、もたらすように主催者は決定したと報告した。

これらは、より多くの人に展示と実行へのアクセスを許可した。

したがって、都市の最もみすぼらしい裏通りのうちのいくつかでは、古臭い地元住民の巨大な肖像が壁を砕くことに現われた。

それらの顔の上のしわはレンガ造りの中の割れ目に混じった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

プロジェクトのためにキューバ人のホセ・パルラ(José Parla)と共に働いた21人の中の一人フランス人画家JRは、
「チェ・ゲバラやフィデル・カストロ、ラウル・カストロ以外の単に有名でない人が、通りに初めて描かれた。」と言っている。

「それは非常に人々を驚かしたものです。」
「それが隣人のまさに1人であると、私たちが彼らに伝える場合、それらは言葉に迷います。」とJRが言った。
「人々は、芸術に関してここで非常に教育されますが、全くギャラリーへ行きません。」とパルラが付け加えた。
「したがって私は、私たちが技術を公に持って来て、何を行っているかが実際に重要であると思います。」と言ってる。

また、それは裏通りだけではない。:

「Havana Bienal」は、有名な海岸通りを戸外を画廊に転換した。

こういうとき、芸術って凄い!
すべてを取り払っただけでアートになる。

岡本太郎が生前、「芸術は爆発だ!」と言ったが、そこのくだらないイデオロギーを持ち込まないで、感情で楽しんで欲しい!

昔、福田繁雄さんがキューバに招待され出かけ、興奮して帰ってきたときに、私が福田繁雄さんが持ち替えてきた資料で、雑誌「グラフィック・デザイン」の特集を組んだことがある。

共産主義のアートは、すべてわら半紙に印刷した!

都会のアートは凄い!

May 20 - 25, 2012
Havana
6 Days / 5 Nights

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告