2012-05-16

冬の間、静かだった火星探査ローバーが、激しく動き出した!

NASAは、火星の冬でソーラーパワーが低かった間は、一つの場所で19週間留まっていた火星探査ローバー「オポチュニティ(Opportunity)」が再び忙しく動き出したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

冬の間の作業場所は、グリーリー避難所(Greeley Haven)と呼ばれる露頭の北の斜面上であった。

ほとんど5月8日の駆動を完成した後に、探索車はグリーリー避難所をふり返って見る視界を捕らえて、その後部危険回避カメラを使用した。

2004年1月25日世界時およびとEST(1月24日PST)に火星のMeridiani地域に到着して以来、、「オポチュニティー」は21.4マイル(34.4km)を移動した。

今回公開された画像は、誰も予測していなかった火星での2951日(Sol 2951)の探査車移動地図を公開した。

Image Credit: NASA/JPL/Cornell/University of Arizona

NASAは2012年03月22日に、ミッションが5回目の火星の冬に近づいたとき、火星探査ローバー「オポチュニティ(Mars Exploration Rover Opportunity)」を自ら映し、ソーラーパネル上のほこり蓄積を示した写真を公開した。

NASAは2011年11月26日に、予定通り、自動車サイズの火星探査車「Curiosity」を運ぶ、MSL(Mars Science Laboratory/火星科学研究所)を打ち上げ、火星への歴史的な航海を開始したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE