2012-05-16

オリンピックのフレームから外れていたベッカムが、聖火で戻ってきた!

BBC Newsは、オリンピックのフレームから外れていたデビッド・ベッカム(David Beckham)が、ザーラ・フィリップス(Zara Phillips)の母親アン王女(Princess Anne)と共に、ギリシャの首都アテネからイギリスに聖火をもたらすだろう、とオリンピックの主催者が言ったと報告した。

聖火の炎が木曜の夜に、ギリシアのまわりの1週間にわたるリレーの後に、ロンドンへパスされる場合、サッカー選手およびチームGB有力候補者は式に立ち会うだろうと言った。

5人の若い人々を含む代表団は、BA2012便で帰ってくる。

[AD] You can advertise on this site.

それらは、2012年05月19日土曜の朝の聖火リレーの開始に先立って、コーンウォール空軍基地(Cornish air base)に2012年05月18日金曜の夜に着陸する。

聖火の炎は2012年05月10日に、オリンピアで太陽の放射線から点火された。
それは、パンアテナイア祭の競技場(Panathenaic Stadium)で式でロンドンへ渡される。

ロンドン2012チェアーマンで、英国オリンピック協会プレジデントのセブ・コー(London 2012 chairman Seb Coe, British Olympic Association President)およびLocogボード・メンバーの第一皇女(Locog Board Member the Princess Royal)、オリンピック大臣ヒュー・ロバートソン(Olympics minister Hugh Robertson)およびロンドン市長ボリス・ジョンソン(London Mayor Boris Johnson)が、ギリシアで炎を受け取るの代表団の一部である。

イギリスにさらにそれをもたらすのは国中から選ばれた若い人々で、東エアシャーからのデニス・コール(Dennis Coles from East Ayrshire)、バンゴアのクロエー・ブラウン(Chloe Brown from Bangor)、スウォンジーのショーン・ホワイト(Sean White from Swansea)、コーンウォールからのジョージア・ヒッグズ(Georgia Higgs, from Cornwall)および、ハクニーからのサキナー・ムハンマド(Sakinah Muhammad from Hackney)になる。

それらは金曜の夜、聖火を歓迎するために特別式典は執り行われるコーンウォールのRNAS Culdrose(RNAS Culdrose in Cornwall)に着く。

ロンドン2012オリンピック聖火リレーは、土曜の朝のコーンウォールで始まり、70日間、8,000マイルのランズエンドまでつなげられる。

それは、2012年07月27日に、ゲームの開会式に向けてストラットフォードのオリンピック・スタジアム(Olympic stadium in Stratford)に着くまでに、8,000人の点火者によってイギリス中を運ばれる。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.