on-the-time.jp

2012-05-16

スティーブ・ジョブスの伝記映画の脚本は、アーロン・ソーキンが書く。

先月、「Two and a Half Men」の俳優クッチャー(Ashton Kutcher)がスティーブ・ジョブスを演じると、映画監督ジョシュア・マイケル・スターン(Joshua Michael Stern)によって明らかになっていたが、BBC Newsは、映画台本作家アーロン・ソーキン(Screenwriter Aaron Sorkin)、ソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)で制作するアップル共同創立者スティーブ・ジョブス(Apple co-founder Steve Jobs)の伝記の映画用の脚本を書く予定になあったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

映画はウォルター・イサクソン(Walter Isaacson)に認可された伝記に基づき、別の提案されたアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)に関係したスクリーン伝記映画は無関係である。

ウエストウィング(West Wing)のクリエーターであるアーロン・ソーキンは、映画「ソーシャル・ネットワーク(The Social Network)」で2011年にオスカーを勝ち取った。

ソニー・ピクチャーズの共同議長エイミー・パスカル(Amy Pascal)は、「今日、そのような異常な生活を捕らえることができるハリウッドで働く作家はいない。」と言った。
「彼の手で、私たちは、映画が魅惑し楽しませて、ジョブス彼に自身の元あった極性をもつことすべてになるだろうと確信しています。」

「不安定なヒッピー」から崇敬された創造的企業家まで、ジョブの進行に従うと言われていた映画に関して、制作は、今月始まる予定になっている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE