on-the-time.jp

2012年05月11日

睡眠不足は肥満のもと!?

美容と医学の科学

AFPは、睡眠不足は肥満につながるという研究論文が2012年05月11日に、フランスのリヨンで2012年05月9日から12日まで開催されたECO 2012(European Congress on Obesity 2012/ 2012年欧州肥満症会議)で発表されたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

リヨン大学(University of Lyon/Université de Lyon)のカリーン・シュピーゲル(Karine Spiegel)博士率いるチームの論文によると、睡眠時間が不十分だと、満腹感をつかさどるホルモンの働きが妨げられ、食欲を刺激するホルモンが分泌されるため空腹感が25%増加すると報告している。

カロリー換算では、睡眠時間が減るとカロリー摂取量が1日350~500カロリー増える計算になるとも解説している。

研究では、肥満や睡眠時間に関する様々な研究を幅広く調べた。
その結果は子どもや若年層により当てはまるという。
論文は、夜の睡眠時間を長くするといった簡単な方法で、慢性的に睡眠不足な若者たちの肥満を防ぐことができると結論づけている。

成人の場合、健康的な睡眠時間は7~8時間で、6時間以下は睡眠不足とされる。

寝る子は育つと言うが、寝る子は痩せるという諺も必要になりそうである。

旦那のいびきで寝られない人は、太ります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。