on-the-time.jp

2012年05月11日

中国ネット通販取引、第1四半期43%増。

新華社は中国証券網(中国证券网/中証網)からの情報として、中国電子商取引研究センター(中国电子商务研究中心)が発表した中国電子商取引サイトの第1四半期報告書によると、第1四半期の中国インターネット通販(オンラインショッピング)取引額は2336億元で、前年同期比42.8%増加し、前年第4四半期比3.5%減少したと報告した。

専門家は「電子商取引の急成長につれて問題が集中的に発生し、サイト破綻の流れは続く」と予測した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中国電子商取引研究センターのアナリスト莫岱青によると、第1四半期の取引額が大幅増となったのは、人々の消費習慣がオフラインからオンラインへと転換しているためと解説した。

国慶節、クリスマスなど祝日が多かった昨年第4四半期と比べ、第1四半期は休日が比較的少なく、急激な成長にはならなかったと分析している。

C2C企業のシェアの変化は大きくない。
3月末の時点で淘宝シェアは94.6%、拍拍は4.9%、、易趣は0.5%であった。
C2C市場で淘宝は依然として独占的地位を占め、優位性は拡大している。

B2Cオンラインショッピング市場で首位は天猫商城でシェアは51.3%。
2位の京東商城が21.9%で、3位のアマゾン中国が3.4%だった。

オンライン取引規模の急成長につれ、資金不足、人件費コストの上昇、クレームの無視、アフターサービスの低下などが発生した。
電子商取引サイトは競争を通し、徐々に規律を高めなければならない。
B2Cで2位の京東商城は資金不足で赤字が続いている。

2011年12月に、網易傘下のぜいたく品オンラインショッピング・プラットホーム「網易尚品」が開設1年足らずで破綻した。
1か月前にMSN傘下の電子商取引プロジェクト「MSN商城有品網」が、US$1000万融資から半年強で運営中止した。

2011年10月に、レジャー食品B2Cサイトの西米網は物流コスト高で収益が望めず、レジャー食品業務を一時中止している。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告