on-the-time.jp

2012年05月11日

米国最大の銀行JPMorgan、営業損失US$20億で、株価急落!

銀行

BBC Newsは、米国最大の銀行JPモーガン・チェイス銀行(JPMorgan Chase Bank)が営業損失US$20億を明らかにした直後、株価が9%急降下したと報告した。

また、それに反応して、会社の信用格付けは機関フィッチ(Fitch)によって格下げされた。

最高経営責任者ジェイミー・ディモン(Chief executive Jamie Dimon)は、ロスのための「エラー、水浸しと悪い判断」を非難し、「それを、さらに悪くなるかもしれない。」と警告した。

米国メディア報道は、市場取締人が既にロスの調査を始めたと述べた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ニューヨークタイムズによれば、証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)は、JPMorganの会計実務と業務ロスに関する市場を更新した方法(accounting practices and the way it updated the markets about the loss making trades)を見ていると報告した。

ただし、その報告書は、調査が初期段階であり、JPMorganを誰も悪事で非難されていない、と強調した。

証券取引委員長のメアリー・シャピーロ(Mary Schapiro)は、「取締人はみなこれに集中する」と言った。

しかし、彼女は、その行動に関するより多くの詳細を示さなかった。

信用格付け機関フィッチは、「扱いやすかった」と言った。

JPMorganのロスは、他の米国銀行業務シェアに対する確信を弱め、
Citi Group(シティグループ)は4.2%下げて閉じた。
Goldmans Sachs(ゴールドマン・サックス)は3.9%落ちた。
Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)は4.2%下げた。

上院銀行業務委員会の上級の共和党上院議員ボブ・コーカー(Senator Bob Corker)は、ロスの公聴会をできるだけ速く要求した。

JPモーガン・チェイス銀行は、大統領選挙で大きなはねの波を形成し、ジェイミー・ディモンは政治的な信用を失った。

金融界での信用は、雪崩現象を起こしやすい!

彼は、よりきつい金融規制をもたらすべきオバマ政権の試みに対する議論の最先端に立っている。

彼は、特に連邦準備制度理事会の前任会長ポール・ボルカー(Paul Volcker, the former chairman of the Federal Reserve)にちなんで命名された「ボルカーの規則(Volcker rule)」を退けようとしていた。

それは、銀行がヘッジファンドに投資するのを止めていた。

ジェイミー・ディモンはそれに勝っていた。

今、JPモーガン・チェイス銀行の巨大なロスは、新しい規則を支持して議論するものの手を強くし、また「ボルカーの規則」が、この場合インパクトを持っていなかっただろうと言う人はるが、ジェイミー・ディモンがわずかに愚かに見ている。

ミトン・ロムニー(Mitt Romney)の中央議論のうちの1つが、オバマ大統領が官僚的形式主義の中で経済をもつれさせた(President Obama has tangled the economy up in red tape)ということで、これは11月の選挙に影響する。

金融規制はその議論の中心になっている。

ミトン・ロムニーも「ボルカーの規則」上で、何もコメントしていないが、しかし、それは、ドッド・フランク法案(Dodd-Frank Act)によって作られたウォールストリートに関する新しい規則の一部で、彼は、それを撤廃すると約束した。

ミトン・ロムニーのWebサイトは、この法律が「米国経済を規定する負担の目盛りの定量増加」であると書いている。

定量は「大きな」意味ではないが、それはロムニー・チームが意味したものであった。

その見込みは、ドッド・フランクを撤廃し、それを「合理化されて現代の規定するフレームワーク」に取り替えることであった。

それには、「ボルカーの規則」のようなものを含んでいるかもしれない。

それは同時に、JPモーガン・チェイス銀行の損失が、オバマ政権を有利にする結果になった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。