gaYa広告

2012年05月11日

中国で4歳の子供が、走行中の車から落ちた!?

BBC Newsは、交差点で、中国で走行中の車から、4歳の子供が落ちた。

男性は、4歳の子供を救出に向かい。車はそのまま走り続け、路肩の木ぶつかって停止したと報告している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この事件は温州市(Wenzhou city)で発生し、その一部始終を交通監視ビデオ・カメラが捕らえ、中国の国営テレビ局CCTVによって放送された。
落ちた子供は、もう少しで後輪が引くところであった。

後ろにいたタクシーは、停止に間に合って引くことはなかった。

CCTVによると、彼が運転しているとき、彼の娘が後部座席から前方助手席の中へはってもぐって来た。
そのとき、突然ドアが開いたと、男が言ったと報告している。

安全ベルトの規制どころではない。

もっとも、車のスピードはもの凄く遅い!
そう言えば、カンボジアやベトナムでも車やバイクが、やたらに遅い。
時速10kmくらいだろうか?
走って、追い越せる!

もし、日本なら、数分でミンチになるか、追突の大惨事だろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。