2012年04月23日

中国での「iPad」名に関する論争!

BBC Newsは、法廷外の会談によって中国のiPad名の使用をめぐる法的な対立を解決することができるかもしれないと報告した。

中国は、金が欲しいだけであり、ネゴシエーション能力だけの法廷外会談だろう。

アップルは、中国のメーカーが10年以上前に商標として登録した名前に関する電子機器会社Proview(深圳唯冠科技公司/Shenzhen Proview Technology)によって訴えられた。

アップルは、Proviewから2009年に名前iPadを使用する、世界的な権利を得た。

しかし、中国の会社は、取り引きが中華人民共和国の中の名前の使用をカバーしなかったと言って訴えた。

世界的な権利に、中華人民共和国がは言っていなかった?汚いね〜

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

その事件は列がアップルのポピュラーなタブレット型コンピューターの製造への一時停止を強要するだろうという恐れの中で、2月後半に広東省で求愛するために来た。

今、法廷からの職員は、iPad生産を分裂させる問題命令ではなく協定を議論の末解決するために2つの側を集めようと努力している。

Proviewの弁護団長馬東暁(马东晓Ma Dongxiao/マ・ドンキャオ)は、「私たちは法廷から解決するでしょう。」と言った。

彼は、Proviewが常に裁判所に行かずに、論争を解決したかったと言った。
また、ただ一つの今の障害は、アップルが払うことを予期した価格であった。

まだ明らかでないことは、アップルが喜んで居留地を議論の末解決するProviewに会うかどうかであった。

APニュース・ワイヤーに提供されるステートメントで、アップルは、落ち着くかどうかについて、コメントを持っていなかったと言った。

「故意に誰か他の人の商標を乱用しないだろう」と繰り返した。

アップルのステートメントは、Proview「はまだ多くのお金を取ろうとして、今不公平に商標用アップルからもっと得ようとしています。私たち、既に払いました。」と言っている。

これこそ中国、日本との漁船問題と同じ!

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。