gaYa広告

2012年04月17日

アジアの新聞ブームは、欧米の傾向とまったく違う!

International Business Timesは、印刷新聞事業はデジタル選択と戦って、高度に発展した欧米の国々で破壊されているが、アジアの国々は実際に新聞有料購読者の中の主なブームを目撃していると報告した。

世界プレス・トレンド2011年報告書(World Press Trends 2011)は、アジアの有料購読者が成長している傾向は、2006年から2010年の間に16%増加した。

WAN-INFRA(World Association of Newspapers and News Publishers/世界新聞協会およびニュース・パブリシャ)は、インドが1億1000万、中国が1億900万および日本が5000万の有料購読者と共にそれぞれ世界で最大の新聞市場であると言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

組み合わせ、これらの3カ国の循環は、世界の有料購読者の割合の合計で、半分以上を占めている。

アジア360°の報告書によれば、世界の新聞販売量トップ100にランキンされた日刊新聞のうちの67はアジアであった。

これらの数は、欧米の新聞印刷循環の急激な下落に硬直した差異を表わした。

アジアでは、何百万もが貧困から上げられたように、過去30年にわたる速い経済成長は、より高い識字率に結びつき、新聞への駆動の新しい読者数を伸ばした。

さらに、インターネット範囲を制限した、無料オンライン・ニュースが、従来の予約モデルと競争するのを防いだと報告した。

そう言えば、カンボジア、ベトナム、タイなどでは食事をしていると、新聞売りが現れ、もの凄い勢いで売れていく。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。