on-the-time.jp

2012年04月16日

HIVを攻撃し、破壊する幹細胞を開発。

美容と医学の科学

RawStoryは、カリフォルニア・ロサンジェルス大学(University of California Los Angeles)の科学者は、HIV患者に対する突破口となる治療法に対する望みをもたらして、ハツカネズミを実践する際に、遺伝子的に操作された人間幹細胞がHIVを抑えることができることを知ったと報告した。

医学もついに、テレビ・ゲーム感覚になってきた!

ジャーナルPLoSで公開された病原体からの最近の研究では、研究者がHIV進行を遅くするためにワクチンを使用した従来の研究よりさらに先に向かっていた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

In Vivo Suppression of HIV by Antigen Specific T Cells Derived from Engineered Hematopoietic Stem Cells
doi:info:doi/10.1371/journal.ppat.1002649.g006
Editor: Daniel C. Douek, NIH/NIAID, United States of America
Received: November 22, 2011; Accepted: March 2, 2012; Published: April 12, 2012

Scott G. Kitchen1*,
Bernard R. Levin1,
Gregory Bristol1,
Valerie Rezek1,
Sohn Kim1,
Christian Aguilera-Sandoval2,3,
Arumugam Balamurugan4,
Otto O. Yang2,3,4,
Jerome A. Zack1,2,3

1 Division of Hematology-Oncology, The David Geffen School of Medicine at UCLA, Los Angeles, California, United States of America,
2 Department of Microbiology, Immunology, and Molecular Genetics, The David Geffen School of Medicine at UCLA, Los Angeles, California, United States of America,
3 The UCLA AIDS Institute, The David Geffen School of Medicine at UCLA, Los Angeles, California, United States of America,
4 Division of Infectious Diseases, Department of Medicine, The David Geffen School of Medicine at UCLA, Los Angeles, California, United States of America


それらは、「無敵」T細胞(HIV感染細胞を認識し、殺す白血球)をコントロールする分子のクローンを作りだした。

その後、分子は観察用の細胞をコントロールするためにハツカネズミに内部へ、人間の血液幹細胞を注入した。

一か月にわたり、ハツカネズミに細胞を注入した後、研究者はT細胞の量の増加がHIV細胞と戦うために必要だったのを見つけた。

細胞を巧みに計画実行して、初めて明らかにされた研究は、そこに伝染と戦うために器官を開発し、移動することができた。

UCLAのデービッド・ゲフィン医学部の助教授で、研究主任スコットG.キッチン(Scott G. Kitchen, an assistant professor at UCLA's David Geffen School of Medicine)は、その結果に満足した。

スコットG.キッチンは、「私たちは、身体からのウィルスの根絶を望んで、この研究が感染した個人の中のHIV感染症との格闘におけるこの種のアプローチの潜在的な使用の基礎を築くと信じています。」
「私たちは、これが、HIVが感染した人々を続けることを可能にする人間のT細胞反応の欠陥を修正する際により積極的なアプローチを深めることの第一歩であると信じます。」と言った。

研究者は、遺伝子的に操作された「教化した」ハツカネズミが免疫細胞を人間より高いレベルに再構成させウィルスの異なる部分をターゲットとすることができるよりT細胞レセプターの開発に取り組んでいることが認められた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告