2012年04月16日

噂の「iPadミニ」は、どうなのよ!

Cellular-Newsは、iPadとiPhoneの中間になるスクリーン・バージョンをアップルが動かしている噂は再浮上したと報告した。

中国語Neteaseウェブサイトによれば、会社は、今年の第3四半期ごろリリースされる、いわゆる「iPadミニ(iPad mini)」に取り組んでおり、同時のまわりで売買するために開始すると予定であるWindowsタブレット市場を直接ターゲットとすると言っている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

その報告書は、タブレットが着手のために準備されている600万ユニットと共に、US$250-$300の範囲に小売価格を設定するだろうということを示唆した。

この非常に早い段階で、しかし、それらがはるかに発売開始日に近い必要なレベルでの生産を向上させるることができるので、組立工場が生産評価を持つであろうことは、それほど問題ではない。

報告書によれば、FoxconnとPegatronの両方は、タブレットを扱っている。
Foxconnは有名なアップル・サプライヤーだが、それはiPhoneのCDMAバージョンのための組立作業の多くを扱い、Pegatronはそれほど知られていない。

この2つの会社の使用は、アップルがWCDMAおよびCDMAネットワークの両方のためにタブレットを準備していると暗示することができたと言っている。

いつ、CEOティム・クック(Tim Cook)が独自デザインのデバイスを発表するか?
注目される。

それは、新製品開発センスのテストにもなる。

この噂通りなら、何となく、中途半端で評判を落とすことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。