2012年04月16日

国内モバイル・マネー・トランスファーは、2016年までに3億6,000万件。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、ジュピター・リサーチ(Juniper Research)からの情報として、P2P(人から人)の国内振替を携帯用ハンドセットを使用する消費者の数が2011年の8400万から上昇して、2016年までに3億4,000万に達するだろうという予測していることが分かったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Juniper Researchの研究で、市場を開発する際、ケニアで、ネットワーク・オペレータおよび金融サービス提供者の両方でSafaricomのMPESAサービスの成功に続くことが分かった。

預金してない/積み上げられなかった消費者が初めて金融サービスにアクセスすることを可能にする手段として、ますますモバイルの配布システムを使用する。

報告書が観察するように、そのようなサービスは、ARPUに重要な隆起を配達することができるだけでなく、顧客維持ツールとしてさらに働くことができるサービスを提供する機会で、音声およびデータサービスからのflatliningする収入に直面したMNOを提供する。

金融サービス提供者のために、それらは、続いて、売却、保険と普通預金口座のようなより精巧な製品で、新しい顧客を引きつける可能性を提示した。

しかし、その報告書は、振替サービスの成功がサービス配備の助けになる責務であると規定する政権に依存すると警告した。

更に、それは、規則の複雑さがサービス配備を遅し、その必要条件がサービス採用中のブレーキとしてさらに働くことがあると付け加えた。

報告書著者ウィンザー・ホールデン博士(Dr Windsor Holden)によって、「私たちの主要なインタビューは、開発途上国では、顧客がプロセスに署名することが以前に預金してない顧客nに必要であることを確認しました、操業短縮だけをとります。顧客は、特にこれが金融サービスとの最初の接触である場合、KYC(あなたのカスタマーを知っている)必要条件の圧倒によりサービスを予約するのを非常に容易に止める。」と言っている。

また、単純な方が安全性も高い。

最近発表される多くのモバイル・マネーは、安全と言うことをはき違え、複雑化して、さらに問題を拡大している。

ほとんどのジャーナリストは、何がベストか、気がつき始めている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト