2012年04月16日

アップルは、デザイナーのフィリップ・シュタークを否定!

Cellular-Newsは、フランスのでザイナーのフィリップ・シュターク(French designer, Philippe Starck)が、アップルのための「革命的な新製品」に取り組んでいると、フランスの新聞フィガロ(Le Figaro)で週末に公開されたインタビューでは、デザイナーは、彼が約8か月間準備してきているものに取り組んでいたと言ったと報告した。

しかし、アップルのスポークスマンは、会社が任意の消費者製品上でデザイナーを用いて仕事をしていないと言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

前のスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)には、デザイナーの友達がいて、それらが豪華快走船に相互に作用していたことが知られている。

デザイナーはアップルの悪名高い守秘ルールを引用して、詳述しなかった。
また、アップルは外部プロジェクトについて思索がなかった。

デザイナーは、過去7年にわたって、彼がスティーブ・ジョブスと月例会を持っていたと言った。
また、前のCEOの家族とも継続して付き合っていたと言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。