gaYa広告

2012年04月17日

コカコーラの炭酸飲料2種、有毒物質残留の疑い!

美容と医学の科学

新華社は2012年04月18日に、中国証券網(中国证券网/中証網)からの2012年04月17日の情報として、コカコーラ(山西)飲料有限公司(可口可乐(山西)饮料有限公司/コカコーラ山西/可口可乐山西)が製造、販売した炭酸飲料に塩素が含有している疑いあると報じたと報告した。

問題が指摘されているのは「醒目」のアップル味と「零度可楽」の12万ケースで、総額約500万元に上る。

すかっとさわやか、毒入りコカコーラ!?

この「塩素残留」疑惑は2012年02月8日にメディアが暴露した。
コカコーラ山西は同日夜に生産ライン上で処理中の製品に塩素の残留を確認したとされる。
残留塩素は、水道水に残っている消毒用塩素のことで、残留塩素には臭いがある。
同社の従業員もにおいに気付き、塩素残留の可能性を意識していたと伝えている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

塩素消毒した水道水には、クロロホルム、クロロ酢酸などの発がん性、変異原性、催奇形性の有毒物質を発生させる危険性がある。

何だって、中国の水道水には、発がん性、変異原性、催奇形性の有毒物質を発生させる危険物質が含まれている?
いくら人口が多いからと言って、中国は、国民を殺そうとしているということなのか?恐ろしい国だ!

現在、塩素消毒はほかの消毒法に代替されたが、塩素消毒はコストが低く、一部の企業でいまだに使われている。

コカコーラ山西は、塩素残留について水道管の改造が原因だと説明した。
この期間中に「醒目」のアップル味と「零度可楽」の12万ケースを生産したという。

何だって、知っていて生産を継続していた?

塩素残留の可能性を認めたコカコーラ山西は、問題製品の出荷を見送ったが、2012年02月24日に出荷したと言っている。

関係者は記者の取材に対し、「問題製品の数量や金額が多く、しかも塩素濃度が基準値を上回るかどうかは中国において商品の測定範囲でないことが、出荷を敢行した理由だろう」と話した。

山西省でコカコーラ商品は、検査免除製品とされており、半年または1年ごとに品質監督部門の無作為な抽出検査を受けるだけであった。

コカコーラ山西は声明で、「いわゆる内部情報は事実に反していることを確認している。わが社は法律責任を追及する権利を保留している。従業員が正しいルートを通じて関連情報を提供することを希望している」と発表した。

同社は「すべての製品は厳格な品質保障システムの検査を経ている。
品質に関する国の法律や法規に準じており、製品は安全だ」としているが、外界の塩素残留に対する不安を払拭できていない。

「塩素残留」疑惑発覚後、コカコーラ山西は製品に問題がないことを証明するため、山西省品質検定センターに品質測定を依頼した。
山西省食品質量監督検験センターの劉憲萍主任によると、問題製品は出荷する際、残留塩素の測定を行っていなかった。
しかも残留塩素は消毒液として化学製品に属し、同センターでは測定ができないと言っている。

何だって、測定できない検査機関に品質測定を依頼した?

同社関係者によると、問題の製品は再検査を実施したが、コカコーラ山西はその結果をすぐに公表しなかったと言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。