2012年04月16日

古代ローマ時代の「pushy parent」シンドローム。

BBC Newsは、実際のローマ時代の人が、どのような人であったかを多くの方法で、知ることができると報告した。

そして、それは多くのことでわれわれの生活とは異なる。
しかし、ローマの家族生活や、特別の子育てにおいてよく知られていることが多くがある。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

西暦94年に若いクインタス・スルピキウス・マキシムス(Quintus Sulpicius Maximus)は11年5カ月12日生きて死亡した。

彼は、Rome's Got Talentと言う詩のコンペに参加し、ギリシャ語の長編詩を構成し、パフォーマンスを行なった。

彼は実際にそれに勝ってんかったが、誰でも彼が年のわりに、驚くほどたくさんを手に入れたことに合意した。

悲しいことは、それからわずか数か月後に、彼が死者になって落ちたということであった。

彼が沈黙と父親を悲しませることにより上げられて、彼の墓石がまだ残存するので、私たちはこれを知ることができる。

中間に彼の小さな彫像がありま、彼はトーガを着ている。
また、彼の詩は石の至る所で刻んである。

したがって、誰でも、それがどれくらい光り輝くか知ることができる。

彼はどのように死んだか。

彼の両親が説明するとともに、彼はあまりに大変な仕事から崩壊した。

したがって、小さなクインタス・スルピキウス・マキシムスは非凡で、死によって大衆から逃げることができたのかもしれない。

あるいは彼が、いくつかの非常にプレッシャーを掛けられた親の犠牲者だった。

数学で、彼らのお父さんによって穴が空けられたすべての現代の子供のように、彼らが6歳んあると、A級の試験を得ることによりヘッドラインをつかむことができた。

これが親のプレッシャー症候群「pushy parent」の不快な場合であった。

実際、このローマの家族は子育ての1つの普遍的なレッスンを私たちに思い出させた。

子供に休憩を時々与えることは、よい考えである。

しかし、恐らく、私たちはクインタス・スルピキウス・マキシムスの沈黙とお父さんがあまり厳し過ぎるべきではないと言うことであった。

現在の親がする以上に、普通のローマ人は子どもたちに投資した。

彼らの子どものこの記念物を建てる悲しむカップルは、前奴隷であった。

所有者によって解放され、それらからは、自活しなければならなくなった。

家族の中の名声詩人は、確かにそれらの財源に驚くべき効果を生じていた。

また、それほど魅惑的でないレベルでは、年金または社会保障のない世界で、それらは、老年にそれらを世話するために実際に何人かの子どもを必要とした。

このように、あまりにも少ない資料から、一人の生活と、その周辺の家族関係を探り、他の資料と共に肉付けすることで、その当時の生活が暴かれていく。

私もドイツにいたとき、こんなゲームに参加していた。

そして、私のゲームの主人公は、いつもグーテンベルグ、デュラー、そしてルターであった。

デュラーとルターはマインツで、会っていることが明らかになっている。
そこに酔っぱらいで頑固者グーテンベルグが口を出したら、どうなるか?

もし、メジチ家の銀行ノートの整理を請け負っていたら、もう少しで、その幻想地獄からでられなくなるところであった。

世界中に、地獄が口を開けて待っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト