2012-04-16

オランウータンは高度な土木技術を知っている。

美容と医学の科学

BBC Newsは2012年04月16日に、巣を作る場合のオランウータンは、著しく高度な土木技術を示すと研究者が言ッたと報告した。

マンチェスターの大学で科学者が率いる研究チームは、スマトラの森林で類人猿に従い映像で覆った。

チームは、さらにそれらがどのように構築されたかを確かめるためにオランウータンの巣を分解した。

それらの研究結果は、ジャーナルPNASの中で、弾性のあるマットレス用の足場およびシンナー枝に類人猿が厚い枝を選ぶことを明らかにした。

[AD] You can advertise on this site.

Biological Sciences - Anthropology:
Nest-building orangutans demonstrate engineering know-how to produce safe, comfortable beds
1. Adam van Casterena,
2. William I. Sellersa,
3. Susannah K. S. Thorpeb,
4. Sam Cowardb,
5. Robin H. Cromptonc,
6. Julia P. Myattd, and
7. A. Roland Ennosa,1

1.Faculty of Life Sciences, University of Manchester, Manchester M13 9PT, United Kingdom;
2.School of Biosciences, University of Birmingham, Edgbaston, Birmingham B15 2TT, United Kingdom;
3.Department of Musculoskeletal Biology II, Institute of Aging and Chronic Disease, University of Liverpool, Liverpool L69 3GE, United Kingdom; and
4.Structure and Motion Laboratory, Royal Veterinary College, University of London, Hatfield, Hertfordshire AL9 7TA, United Kingdom

1.Edited by Duane Rumbaugh, Georgia State University, Atlanta, GA, and accepted by the Editorial Board March 14, 2012 (received for review January 17, 2012)

PNAS 2012 ; published ahead of print April 16, 2012, doi:10.1073/pnas.1200902109

調査チームのシニア・メンバーであるマンチェスターの大学のローランド・エンオス(Roland Ennos from the University of Manchester)は、振る舞いが動物の「精巧なツール使用および健造技術」を明らかにしたとBBC Natureで伝えた。

彼は、「それらはどのように巣を構築するかで、多くのエンジニアリング・ノウハウを示します。」と言っている。

研究をリードした博士課程の学生アダム・バン・カステレン(Adam van Casteren)は、北スマトラでオランウータンとともに、研究で1年間過ごした。

彼および同僚であるロンドン王率獣医科大学からのジュリア・ミャット(Julia Myatt from London's Royal Veterinary College)は、毎日オランウータンの巣の構築をフィルムに納めた。

動物は、5分から6分ほどでこのタスクを終えることができた。

動物が起きて、朝それらの巣を一旦残したなら、アダム・バン・カステレンはそれらを測定するために、いくつかは30m以上トップにあったが、よじ登り、中へ入って調べた。

「私は各巣を分解し、それをテストするためにキャンプにそれ(数個の)を持ってきた」と彼がBBC Natureで伝えた。

明らかにされた機械試験の結果、彼は、オランウータンが「それらの構造特性に基づいた枝を選んでいた。」と言った。

Stアンドリュース大学の動物振る舞いを専攻する研究者アマンダ・シード博士(Dr Amanda Seed, a researcher from the University of St Andrews, who specialises in animal behaviour)は、「オランウータンで入れ子構築に関するそのような詳細な研究を見ることは素晴らしかった」と言った。

同じくStアンドリュースの大学の教授リチャード・バーン(Prof Richard Byrne, also from the University of St Andrews)は、それが高度なツール使用と考えられなかったので、営巣が研究者によって「無視された」ことに合意した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.