AD SPACE

2012-04-12

バイエルン警察発表、性欲旺盛すぎた「一夜の関係」

美容と医学の科学

AFPは2012年04月13日に、南ドイツのミュンヘン(Munich/München)で、「一夜限りの相手」と思って関係を結んだ女性の性欲が旺盛すぎ、家に帰らせてくれないとして、男性が女性宅のベランダから警察に保護を求める騒ぎがあったと報告した。

このニュースは、世界中で報道されている。
また、ドイツのバイエルン警察(Polizei Bayern)は、事件として報告している。

AFPの情報と、かなり違っている。

[AD] You can advertise on this site.

そう言えば、ドイツで友人の家の風呂場に入ったら、偶然、奥さんのブラジャーが乾してあり、それが片方だけで十分顔が隠れそうな大きさでびっくりしたことがある。

また、日本人の知人は、その奥さんの妹に侵された。

とんでもない家庭!

その侵された日本人の知人は今、某有名大学の教授をしている。

警察発表によると2012年04月12日に、43歳の男性は2012年04月09日13.30頃に、ミュンヘンのLudwigsvorstadtのバーで4歳年上の女性と知り合った。
47歳の女性の自宅アパートで、数回の性交渉を行った。
その後、女性はさらにセックスを要求したが、男性はこれを断り家へ帰ろうとした。
ところが女性は男性を「逃がさず」、もういちど「一緒に寝る」よう要求した。

男性は「選択の余地はないと思い、どうにかアパートから脱出できるようにと、女性の要求を飲んでさらに数回セックスをした」が、女性はなおも男性が立ち去ることを拒み、もっとセックスをしたがった。
ついに男性はベランダへ逃げ出し、警察に通報したと伝えている。

警察によると、この女性は「現場へ駆け付けた警察官らに対しても同様の行為を誘ったが、それは失敗に終わった」という。
女性は性的暴力と不法拘束の容疑で起訴される可能性があると伝えている。

T.Z. newspaperによれば、この男性は、DJでDieter S.という哀れな男と言うことであった。
彼は、彼女のことを「sex mad」と言っている。

そう言えば、2人の女性と付き合っていると言っていた友人が、セックスに疲れ、肝炎で入院した。
ところが、病室でセックスを要求され、彼は、私に殺されると言ってきた。

代わりにと要求されたが、セックス殺人事件は嘘ではなかった。

しかし、Google Newsで検索すると、セックス殺人事件は世界中で多発している。

ただし、この検索は危険すぎる!
なにしろ、ドイツはオープン・セックスの国である。

ミュンヘンのLudwigsvorstadtのGoogle Earthポインター情報
48° 7'58.52"N,11°32'42.29"E
または、
48.132922, 11.545081

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.