on-the-time.jp

2012年04月16日

ローマ法王は、バイエルン式で85歳の誕生日を祝福された。

AP通信は、ローマ法王ベネディクトXVI世(Pope Benedict XVI)は月曜日に、ローマ法王ベネディクトXVI世(Pope Benedict XVI)は月曜日に、ドイツの司教および彼の故国バイエルンからの音楽バンドで、85歳の誕生日を祝福されたと報告した。

ローマ法王ベネディクトXVI世は彼自身の死について触れたミサを始めた。
そして、神が彼の世話をしていたということを知っている最後の年までやり続けると言った。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

説教の中で、「私は、生活のパスの最終行程に面しています。また、私は、何が前にあるか知りません。」
「神の光はそこにあることを、私は知っています。そして、その光はすべての暗さより強い。」と言っている。

ベネディクトは、司教、政治指導者と、その地域のプロテスタントとユダヤ人コミュニティの代表を含むおよそ150人のバイエルン人によって、バチカンのフレスコ画に描かれたクレメンタイン邸において、後で加わった。

セレナーデは、彼のためにダンスをし、詩を暗唱し、従来のバイエルンの服装を着た10人の子どもによって彼に奏でられた。
また、歌を上演したバイエルンの音楽家によって、彼と子どもの兄弟は歌った。
その一方でそれらの父親はツィター(zither)でそれらの伴奏をした。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告