2012-04-16

ローマ法王は、バイエルン式で85歳の誕生日を祝福された。

AP通信は、ローマ法王ベネディクトXVI世(Pope Benedict XVI)は月曜日に、ローマ法王ベネディクトXVI世(Pope Benedict XVI)は月曜日に、ドイツの司教および彼の故国バイエルンからの音楽バンドで、85歳の誕生日を祝福されたと報告した。

ローマ法王ベネディクトXVI世は彼自身の死について触れたミサを始めた。
そして、神が彼の世話をしていたということを知っている最後の年までやり続けると言った。

[AD] You can advertise on this site.

説教の中で、「私は、生活のパスの最終行程に面しています。また、私は、何が前にあるか知りません。」
「神の光はそこにあることを、私は知っています。そして、その光はすべての暗さより強い。」と言っている。

ベネディクトは、司教、政治指導者と、その地域のプロテスタントとユダヤ人コミュニティの代表を含むおよそ150人のバイエルン人によって、バチカンのフレスコ画に描かれたクレメンタイン邸において、後で加わった。

セレナーデは、彼のためにダンスをし、詩を暗唱し、従来のバイエルンの服装を着た10人の子どもによって彼に奏でられた。
また、歌を上演したバイエルンの音楽家によって、彼と子どもの兄弟は歌った。
その一方でそれらの父親はツィター(zither)でそれらの伴奏をした。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.