2012年04月16日

次のアップルを食いたいメーカー達!

新華社は、中国税関総署によると、中国の第1四半期の携帯電話、部品輸出の伸び率は前年比で33.5%で、2011年通年を上回ったと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

世界景気減速や需要低迷を受け、輸出の伸び率が縮小、マイナスとなる業界が多くなっている。
その中で、携帯電話と部品をはじめとするコンシューマー・エレクトロニクスの伸び悩みが際立つ。

国産スマートフォンでは、中国の2011年のスマホ出荷台数は4800万台。
華為や中興など大手の出荷は4500万台だった。
2012年の出荷規模は推計2億台。
トップ10の出荷規模は計1.6億台に達するとみられている。

アップル周辺産業の景況も好ましい。
界資源春季電子展示会で、中国本土や中国台湾、韓国などの出展企業は、アップルとその部品をめぐって多様なアイデアを生み、2012年の業績に関して期待感を示していた。

景気減速のマイナス影響について、深セン哈里通公司の王淑文国際販売担当は「なかった」と回答した。
販売の伸びについては笑って回答を避けたが、右肩上がりの曲線を描き、加速度的に伸びていることを示唆した。

中国企業の多くはここ数年、外枠やスピーカー、移動体電源、車載設備などを含むアップル周辺事業に参入している。
アップル製品が30リーダーが採用することから、「30産業」とも呼ばれる。
アップルはそれについて「MFI」周辺機器開発計画をまとめている。

環球資源展覧部の黄譚偉総裁は記者に対し、「2008年から市場は非常に人気の高い分野。国内メーカーの多くはアップル追随戦略を取っている。アップルを追随すれば甘い汁を吸える、が共通認識となっている」と語っている。

一部企業はiPhone4Sが発売された当初、多様な関連製品を販売した。
一部メーカーはいまiPhone5対応製品を売り出している。

アップル周辺産業がいかに熱いか、出展企業の意欲からうかがえる。
環球資源の提供したデータでは、アップル周辺機器の展示場が初登場した2010年10月以降、関連の出展業者があとを絶たない。
2011年4月に115ヶ所だったブースは2011年10月に268ヶ所に急増。2012年4月に375ヶ所まで増えた。

コンシューマーエレクトロニクスをめぐる激しい競争、売れ筋商品の刻一刻と変わる。一部業者は将来に向け対応策を取っている。
アップルのほか、サムスンやHTCなどに対応する製品を作る企業が増えている。

企業の手法は市場による。欧米先進国より新興国のほうが低価格、高性能を重視する。
露サンクトペテルブルクのあるバイヤーは記者に対し、「価格性能比の高い中国製品は、ロシアで人気を集めている。アップルのサンクトペテルブルクでのシェアはそれほど高くない。ロシア人はHTCを好む。アップルは高すぎるからだ。」と語った。

深センのある電子部品企業の責任者によると、この先の2?3年はアップルが流れを先導するが、それ以上に長い時期は定かではないという。
Gartnerのリポートでは、アップルは少なくとも2016年まで有力な存在となるが、アンドロイド系の成長は驚くべきもので、アップルとの差をつめている。その後の数年間にはアップルの地位を脅かす可能性がある。

どの企業が次のアップルとなるか、みなが知りたいことである。

次の目玉コンシューマーエレクトロニクスは何か。環球資源の開催したトップフォーラムで、サムスン電子(香港)の鐘孝揚運営総裁は、次世代タブレットPCやスマートTVなどの新製品戦略を発表した。
サムスン電子はアップルを除き、最も関心を集めているブランドに成長した。

業界関係者の目には、スマートTVはスマホやタブレットPCに次ぐ売れ筋だと映っている。

eMediaAsiaのチーフアナリスト孫昌旭は「マルチプロセッサーがテレビに採用されることで、スマートTV消費は2012年に急伸するはずだ。中国市場で3Dテレビは標準装備となっている。中国本土の2012年の3Dテレビ販売台数は推計2000万台に達する」と語った。

インテルが準備している「スーパーノート」計画は、業界関係者にPCの歴史を変化させると受け止められている。

アナリストによると、2012年の出荷台数は推計5000万台になる。孫昌旭によると、「スーパーノート」は中国現地産業に巨大なチャンスをもたらす。パネルや金属部品などの企業が利益を得ると言っている。

電子業者は「将来のコンシューマー・エレクトロニクスの舞台で、アップルだけが主役ではない」と指摘した。

大きな問題は、ハードから、コンテンツへの流れをどう作るかである。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト