gaYa広告

2012年04月16日

第41回ロンドン・ブックフェア2012が、オープン!

AP通信は、イギリスで最大の41年目になるロンドン・ブックフェア2012(The London Book Fair)が、アールスコートエキシビションセンター(Earls Court Exhibition Centre)でオープンしたと報告した。

ロンドン・ブックフェア2012はこれまで通り、印刷、オーディオ、テレビ、映画およびデジタル・チャンネルを横切って権利交渉のための世界市場の場所と、先導企業とビジネス展示(B2B)をつなぎ、コンテンツの販売および配信を可能にする空間を提供している。

会場では400以上のセミナーやイベント、1,500の国際的な会社、24,500人の専門家が集っている。

今回のロンドン・ブックフェアはとくに中国の特別招待を拡大し、著者検閲、著作権侵害など、決定的な非難について話し合われる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

会場には孤独の抗議者で、ノーベル平和賞受賞者である劉暁波(Liu Xiaobo)の写真を保持して、フェアの「中国市場焦点」セクションの外で、月曜の朝に「文学の迫害を止めてください(stop literary persecution)」と言うプラカードと共にデモが行われた。

さらに作家および反検閲グループは、中国の作家の公式に認可されたスレートをフェアに招待する決定を批評した。

言論の自由グループで、イギリスのPENのロバート・シャープ(Robert Sharp of the free-speech group English PEN)は、
「私たちは中国文学の十分な幅および深さがブックフェアで表わされないので失望しています。」と言った。

約20人の中国人著者からの中国文学および読書上の3冊の業務日誌の公平な特徴セミナー、また180を超える中国の出版者が参加している。

国際的に名高い作家畢飛宇(Bi Feiyu/1964 - )と莫言(Mo Yan/1955 - )、若手作家安妮宝贝(励婕/Li Jie, pen name Annie Baobei)を含む招待された作家は、中国の出版と出版物の一般共同管理し、印刷されたメディアを規制するChina's General Administration of Press and Publications, the agencyとブリティッシュ・カウンシル(British Council)によって選ばれた。

中国で唯一のノーベル文学受賞者で、フランスの居住者高行健(Gao Xingjian/1940 - )およびノーベル平和賞受賞者で投獄された作家のような反体制の音声および政治活動家である劉暁波を除外すると言った。

イギリスで暮らすライターのマ・チーアン(Ma Jian)は、フェアが「中国の言論の自由の抑制に黙認を与えていた。」と言った。

彼は、「フェアは、共産党にその宣伝ショーを行なうステージを与えています。」とイギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」に伝えた。

世界で最大のブックフェアとして知られているドイツのフランクフルト・ブックフェア(Frankfurt Book Fair)も2009年に中国をその特別ゲストにした時、同様の批判に直面しました。

それは同時に、知識の宝庫として知られる出版の先導者であるはずのブックフェア管理者が、過去の現象を学ばないことを表面化したとも言える。

ロンドン・ブックフェア主催者は、亡命者を含む公式リスト上の中国の作家が、公式中国焦点スレートの外側の公平なものに参加しないだろうと言った。

だったら、公平と言うことで。もう一つの扉が開かれるべきである。

Opening Hours
Monday 16th April 09:-00 - 18:30
Tuesday 17th April 09:00 - 18:30
Wednesday 18th April 09:00 - 17:00

アールスコートエキシビションセンター(Earls Court Exhibition Centre)のGoogle Earthポインター情報
Warwick Road,
London, SW5 9TA.
51°29'47.91"N,0°12'38.01"W
または、
51.496642, -0.210558

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告