AD SPACE

2012-04-12

メディア・マルチタスクは、あなたにとって、結局よいかもしれない。

TG Dailyは、ソーシャル・ネットワーキングにemailするテレビから飛び回るメディア蝶(Media butterflies)は、情報を統合に対する技術を高めているかもしれないと報告した。

香港の中文大學(Chinese University of Hong Kong)の研究者Kelvin Lui and Alan Wongによる最近の研究は、異なるタイプのメディアを頻繁に同時に使用する人々が多数の感覚からの情報の統合で調子がよく見えることを示したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

研究チームは、それらのメディア使用についてのアンケートに記入してくれるように、19歳から2歳8の63人に依頼し、それらが様々なメディアを使用して費やした時と、一度に1つ以上のタイプを使用した範囲の両方で調査した。

その後、それらは、視覚的な目標の位置に関する情報を含んでいなかったが、それが変更した瞬間を警報音信号と共に示した。および警報音信号なしで、視覚的な探索タスクとして、色。を与えられた。

平均では、メディアが最もマルチタスクしていた人々は、それが不在だった時より調子が存在した時のタスクをよりよく扱って、多感覚併用の統合が最上である傾向が見られた。

さらに、それらは、調子のないタスクは、より悪かった。

研究者は、それらがタスクで予期しない音響信号を利用することを慣例的に多くの異なる出所から情報でとるマルチタスカーの能力がより簡単にしたと考えている。

この研究結果は、Psychonomic Bulletin & Reviewで2012年04月12日に公開された。

Psychonomic Bulletin & Review
DOI: 10.3758/s13423-012-0245-7Online First™

The Psychonomic Society

Brief Report
Does media multitasking always hurt? A positive correlation between multitasking and multisensory integration

Kelvin F. H. Lui and Alan C.-N. Wong

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.