AD SPACE

2012-04-12

クラウドソーシング・ビデオ・ジャーナリズムへのドア!

Editors Weblogは、イタリアの新聞「ラ・レプブリカ(La Repubblica)」が、クラウドソーシング・ビデオ・ジャーナリズム(crowdsourcing videojournalism)へのドアを開けたと報告した。

リポーターは、プロジェクトが呼ばれるとともに、市民リポーターから、ビデオ製作者、そしてセミプロのジャーナリストまで皆に開放されている。

彼らは、Webサイト上に彼らのコンテンツをアップロードできる。

そのビデオ・コンテンツを拡大させて開発するために、「ラ・レプブリカ」で利用可能になったビデオ製作者の作成する最終的な目的での市民およびユーザーに頼っている。

少量の市民ジャーナリストを持った潜在的なフリーランサーのネットワークが構築される。

[AD] You can advertise on this site.

「ラ・レプブリカ」のリカルド・スタグリアーノ(Riccardo Stagliano)は、リポーターが読者および非専門のジャーナリストからの新聞への貢献で、既に既存の自発的な波の改良であることを説明した。

以前に、それらは、主題を示唆するか、ビデオを提出する電子メールだけを送ることができた。
その一方で今リポーターは、新聞に寄与するために読者およびビデオ製作者にもっと組織化され形式化された構造を与えている。

このようなときに、大きな勘違いは、メディアがそれらを無料で利用できると考えることである。

技術的なプラットフォームは、ビデオ・クラウドソーシング内容の中で特定化されたソーシャルメディア会社TheBlogTVによって提供される。

ユーザーは自然にそれができるだけではなく、アップロード・ビデオおよび写真、また、公表されるWebサイト上の資料の答えを特定し、要請できる。

プロジェクトの別の要素は、ビデオ・ジャーナリズム中の6か月のトレーニング・コースは、ラ・レプブリカ・アカデミー(La Repubblica Academy)になる。

ビデオ製作者は、ニュースルームによって選択され、Webサイト上で公表されるビデオに料金が支払われる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.