AD SPACE

2012-04-12

タブレットとスマートフォンの使用時間で、半分以上はテレビ!

Cellular-Newsは、新しいGfK分析を紹介し、米国が本拠の広告主および販売業者がスマートフォンおよびデジタル・タブレット使用の中で爆発を利用する、最良の方法を捜すとともに、新しいGfK分析のデバイスおよび他のメディアの同時使用についての重大な新しい詳細を提供したと報告した。

GfK知識ネットワーク(GfK Knowledge Networks)による研究は、タブレットとスマートフォンで費やされた分の52%は、テレビを見ることで共有された。

ヤングアダルト(18〜34歳)の39%と比較して、ベビーブーマー(35〜49歳)の67%はタブレットとテレビを同時に使用して、さらにより多くの時間を過ごした。

つまり、テレビ世代がどんどん高齢化しているが、そのマーケットをターゲットにする場合、タブレットとスマートフォンの使用時間でテレビを見逃すことができなかった。

ただし、昔のようにテレビだけですべてが解決する時代ではなく、分散化がどんどん拡大している。

[AD] You can advertise on this site.

また、多くの写真を探すと、まだダイニングに大型テレビは登場しているが、すでに若い世代にはダイニングでの家庭団らんほとんど消えた。

それらの写真は、固定概念の錯覚である。

スマートフォンとテレビの同時の使用は両方の年齢集団に対してほぼ同じでした--より若いグループが48%に対より年上の人が52%であった。

GfK知識ネットワークのメディア副社長ロバート・デフェリス(Robert DeFelice, Vice President (Media) at GfK Knowledge Networks)は、「タブレットはそれらのサイズおよび固有の接続のおかげで、新しい第2のスクリーンです。」
「私たちの研究調査は、スマートフォンとタブレットが同じ場所を共用した技術として果たす役割を利用する広告キャンペーンおよび他の適用の潜在的価値を示唆します。これらに広告された製品を研究し、プロットねじれに関して、友達にメールを書くこと、訪問しているテレビ番組Webサイトおよび多数の同様の用途を含んでいるかもしれません。」と言っている。

その分析は、さらに女性がタブレットとテレビを組み合わせる可能性がありそうだったことを示した。
それらのタブレット分の女性が56%で、男性のための48%に対してテレビに費やされた。
しかし、反対にスマートフォンでは59%の男性がテレビに費やし、48%の女性より多かった。

非所有者と比較して、タブレットを持っている人は、インターネット日刊新聞に追加の42分を費やして、すべてのメディアに追加の52分を費やした。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.