AD SPACE

2012-04-12

モトローラ、ドイツでマイクロソフト販売禁止要求を否定!

Cellular-Newsが、米国の裁判所がモトローラ・モビリティ(Motorola Mobility)とマイクロソフト(Microsoft)の会社が契約上の論争を解決するまで、モトローラ・モビリティがドイツでマイクロソフト製品の販売を禁止してくれるようにドイツの裁判所に依頼することができないと裁決した。

ドイツの裁判所は来月、マイクロソフトが画像圧縮を侵害したかどうかについて正式の結論を下す予定になっている。
またWi-Fiは、モトローラ・モビリティによって保持された特許を関連付けた。

しかし、マイクロソフトは、モトローラが標準要点特許を明瞭に許可することに関する規則に違反したと主張している。

[AD] You can advertise on this site.

米国裁判所は、それらの許可に関する論争を最初に解決する必要があると裁決した。

マイクロソフトの代理の総合弁護士デービッド・ハワード(Microsoft Deputy General Counsel David Howard)が声明で、
「モトローラは、その特許を公平で合理的にマイクロソフトおよび他の会社に利用可能にすると約束しました。」
「モトローラのその手段で、モトローラがその約束に応えたかどうかコートが決定するまでマイクロソフトが製品を売ることを妨げることができないと裁決した。」と言った。

モトローラ・ホールディングの好意、次にそれ中の裁判所のルールにロイヤルティの支払いの中で大手コンピューター会社は年間約US$40億得ることができたと、マイクロソフトは言った。

今回の論争により、ドイツからオランダにヨーロッパでの分配センターを移動させるだろうと既に発表した。

特許問題は、もうぐちゃぐちゃ!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.