AD SPACE

2012-04-12

ソニー、スマートフォンをサポートする「SmartWatch」を発表。

Cellular-Newsは、ソニー・モバイル(Sony Mobile)が米国で時計に直線のスマートフォンからの情報を送ることにより、アンドロイド・スマートフォンの能力を拡張する着用可能なデバイスとして、「スマート・ウオッチ(SmartWatch)」を発表したと報告した。

テキスト・メッセージの着信あるいは、ソーシャル・メディア最新情報のように、重要事象をユーザーに振動とスクリーンの警戒体制で通知する。

「SmartWatch」はブルートゥース(Bluetooth)によってアンドロイド・スマートフォンに接続している。

[AD] You can advertise on this site.

ソニー・モバイルは、Google Play(グーグル・プレー)を含み、ソーシャル最新版、練習および音楽用のものなどますます多くのアプリケーションが1.3インチのOLED「SmartWatch」タッチ・スクリーン用にすべてカスタマイズされ、ダウンロードが可能であると言っている。

何をサポートするかというのではなく、開発者が自由にカスタマイズできないと、今風とは言えない。

そこで、「SmartWatch」はこれら既存のアプリケーションで働いているが、アンドロイドの開発者は特にデバイス用アプリケーションを作成することができる。

「SmartWatch」はほとんどのアンドロイド(2.1以上)スマートフォンで働く。

発売時の「SmartWatch」はUS$149.99の希望小売価格である。
しかし、すぐに低価格になることだろう。
イギリスでは、£68.39で2012年04月26日に販売されている。

日本では「SmartWatch MN2」として、2012年04月10日に販売されているが、少し違うのは、「SmartWatch MN2」がXperiaの各機能を遠隔操作できることになっている点である。

米国でXperiaに限定することは、売れていないことからだろう。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.