AD SPACE

2012-04-12

バチカンとオックスフォード大学は古文書をオンラインで共有。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、オックスフォード大学(Oxford University)とバチカン図書館(Vatican libraries)は、共同で古文書の150万ページをデジタル化し、かつそれらを自由に無料でオンライン利用を可能にすると報告した。

図書館は、デジタル化されるコレクションが3つの主題分野「ギリシャ語の原稿」「15世紀の書籍(インクナベラを含む)」「およびヘブライ語の原稿および初期の書籍」に集中するだろうと言った。

内容か言って、日本人には、ほとんど読めないことになる。

[AD] You can advertise on this site.

そのエリアは、図書館、およびそれぞれの分野での奨学金用の重要の両方のコレクションの強さのために選ばれた。

完全に、ゴミは排除した。

バチカンから来る資料およびオックスフォード大学ボードリアン図書館(Oxford University's Bodleian libraries)の図書からの残りのおよそ3分の2で、デジタル化努力は、さらに収集間で何世紀も分散した材料の結合により学者に役立つことになる。

ところが、日本学者多くが、英語さえ読めない。

イニシアチブはポロンスキー財団(Polonsky Foundation)から£200万の賞によって可能になった。

オックスフォード大学ボードリアン図書館(Oxford University's Bodleian libraries)のGoogle Earthポインター情報
51°45'14.93"N,1°15'17.36"W
または、
51.754147, -1.254822

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE