on-the-time.jp

2012-04-12

マスケット・ボール・クラスタの発見!

NASAは、宇宙の中で、および地面で強力な観測所のコンビネーションを使用して、天文学者は、いわゆる正常な問題が2つの銀河団間の猛烈な衝突によって暗黒物質とは別にねじられた2つの銀河団間の猛烈な衝突を観察したと報告した。

バレット・クラスタ(Bullet Cluster/弾丸クラスタ)の発展でともに一層の別のシステムを見つけることは、主な衝突の後に科学者に重力によって一緒にしておかれた最大の既知の物体の銀河団が、どのようにして成長するかの異なる過程に対する価値のある洞察力および変更を与えたと報告した。

研究者は、マスケット・ボール・クラスタ(Musket Ball Cluster/小銃ボール・クラスタ)中の熱くX線の明るいガスが暗黒物質と銀河から明白に分けられたことを示すためにケック(Keck)、スバル(Subaru)およびキットピーク・メイオール(Kitt Peak Mayall)の望遠鏡と同様にNASAのチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)およびハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)からの観察を使用しました。

[AD] You can advertise on this site.

この合成画像では、チャンドラで観察された高温ガスは赤で色がつけられた。
また、ほとんど白く、黄色であるものとして、ハッブルからの視像中の銀河が現わした。
暗黒物質によって支配されたクラスタ中の大多数の問題の位置は、青色がつけられた。

赤に青がオーバーラップする場合、画像で見られるように、結果は紫であった。

物質分布は、重力レンズ効果の影響を明らかにするスバル、ハッブルおよびメイオールの望遠鏡からの大質量が離れた物体からの光を曲げることができるところで、アインシュタイン(Einstein)によって予言された効力データの使用により決定された。

バレット・クラスタに加えて、複雑さの正常および暗黒物質と、変わるレベルの間の分離を備えた合併するクラスタの5つの他の類例は、以前に見つかった。

これらの6つのシステムでは、衝突が1億7000万〜2億5000万年前に生じたと推測された。

マスケット・ボール・クラスタでは、システムは衝突の約7億年後に観察された。

年齢評価で不確実性を考慮に入れて、以前に観察されたシステムでよりも、小マスケット・ボール・クラスタを形成した合併は2〜5倍さらにともにあった。

さらに、マスケット・ボール・クラスタを形成するために衝突した2個のクラスタの相対速度は、ほとんどの他のバレット・クラスタのような物体より低かった。

他のクラスタあるいはグループの銀河および大量の熱い銀河間ガスの存在を備えた頻繁な衝突の影響を含む銀河団の特別の環境は、それらのメンバー銀河の発展に重要な役割を果たすと考えられている。

しかし、クラスタ合併が星の形成を引き起こすか、それを抑えるか、即効がほとんどないかどうかがまだ不明瞭である。

マスケット・ボール・クラスタは、これらの選択肢のどちらかに決めるために見込みがある。
マスケット・ボール・クラスタは、さらに暗黒物質がそれ自体と対話することができるかどうかに関する独立した研究を許可した。

この情報は、暗黒物質の原因かもしれない粒子のタイプを下って狭くなることにとって重要であった。

証拠は、バレット・クラスタおよび他の同様のクラスタのための結果と一致しているマスケット・ボール・クラスタの中の自己相互作用のために報告されていない。

マスケット・ボール・クラスタは、地球から約52億光年遠方に位置している。

これらの結果について記述する論文は、カリフォルニア大学デービス校のウイル・ドーソンにリード(Will Dawson from University of California, Davis)され、またアストロフィジカル・ジャーナル・レター2012年3月10日号(March 10, 2012 issue of The Astrophysical Journal Letters)で公表された。

共同執筆者、
David Wittman, M. James Jee and Perry Gee from UC Davis,
Jack Hughes from Rutgers University in NJ,
J. Anthony Tyson, Samuel Schmidt,
Paul Thorman and Marusa Bradac from UC Davis,
Satoshi Miyazaki from the Graduate University for Advanced Studies (GUAS) in Tokyo, Japan,
Brian Lemaux from UC Davis, Yousuke Utsumi from GUAS
Vera Margoniner from California State University, Sacramento.

The Astrophysical Journal Letters Volume 747 Number 2 Create an alert RSS this journal
William A. Dawson et al. 2012 ApJ 747 L42 doi:10.1088/2041-8205/747/2/L42

DISCOVERY OF A DISSOCIATIVE GALAXY CLUSTER MERGER WITH LARGE PHYSICAL SEPARATION
William A. Dawson1, David Wittman1, M. James Jee1, Perry Gee1, John P. Hughes2, J. Anthony Tyson1, Samuel Schmidt1, Paul Thorman1, Maruša Bradač1, Satoshi Miyazaki3, Brian Lemaux1, Yousuke Utsumi3, and Vera E. Margoniner4

1 Department of Physics, University of California, Davis, One Shields Av., Davis, CA 95616, USA
2 Department of Physics and Astronomy, Rutgers University, 136 Frelinghuysen Road, Piscataway, NJ 08854-8019, USA
3 Department of Astronomical Science, The Graduate University for Advanced Studies, 2-21-1 Osawa, Mitaka, Tokyo 181-8588, Japan
4 Department of Physics and Astronomy, California State University, Sacramento, 6000 J Street Sacramento, CA 95819, USA

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.