2012-04-12

商用プラットフォームは宇宙ステーションでの接触を提供。

NASAは、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)外部の新しい商用プラットフォームの使用により、研究者は、宇宙の無重量状態および真空実験をができるようになると報告した。

NanoRacks LLCは、圧調節されていない宇宙のユニークな環境へのアクセスを繰り返し、長期的で提示する軌道に乗る唯一の研究所を利用する、EPP(External Platform Program/外部プラットフォーム・プログラム)を開発し、操作する。

NanoRacksは、米国の国立研究所がステーションを使用のために、NASA宇宙行為協定の下で研究施設を展開している民間会社である。

EPPと設備は、単に商用資金調達を使用して、開発され操作される。

NASAは、宇宙ステーションのハードウェア、パワーとデータ伝送システムのような資源を寄付する。

米国の国立研究所として操作されたステーションの部分を管理するCASIS(Center for the Advancement of Science in Space/宇宙サイエンス進歩センター)は、職業研究者のために最初の外部プラットフォーム・サイトを取っておくことになる。

2014年までに発射されると予定されている外部プラットフォームは、宇宙への低コストのアクセスを提供する。

それは、宇宙ステーションの外側の材料、生体サンプル、センサーおよび精巧なエレクトロニクスをテストするようにユーザーを激励することを目指している。
それは地球の240マイル上空軌道に乗る。