2012-04-12

F1のボスBernie Ecclestoneは、バーレーンGPでF1チームに会う。

BBC Newsは、F1のボスBernie Ecclestoneは、バーレーンGPについて、このまま進めるべきか、中止すべきか、議論するために金曜日に上海でスポーツのF112のチームに会うと言ったと報告した。

しかし、FIAの高官は、「レースはまだオンのままです。」とBBCに伝えた。

[AD] You can advertise on this site.

状況は昨年に似ていない。

2011年のレース中止は国の民主化を要求する抗議デモに続くことから呼ばれた。

しかし、今、多くの彼らは、レースが市民の不安によって引き起こされたセキュリティ上の問題で中止されることを予期した。

Bernie Ecclestoneは火曜に、チームが彼に関係を表明せず、首脳会議が今週末の中国グランプリより進んで召集された、と言った。

Bernie Ecclestoneは、会合を開催するにもかかわらず、バーレーンのスポーツの当局だけがレースを取り消すことができたと木曜日に言った。

「レースはカレンダー上にあります。」
「それは予定しました。」と彼が言った。

FOTA(Formula One Teams' Association/F-1チームの協会)は、その間に、レースを取り消すことがスポーツの統治機関(FIA)に下がっていることを要求した。

しかし、BBCは、金曜の危機会が土曜日まで上海に着かないFIAチーフ・ジーン・テート(Jean Todt)を含まないだろうということを明らかにすることができた。

それは、日曜夜にバーレーンへ空輸される予定である自動車と共に、週末までどんな決定も遅れることを意味するかもしれない。

バーレーン政府当局は、レースが進むだろうと確信し続けていた。

バーレーン政府当局は、レース場で命を掛けていない。
単に、お金の勘定をしているだけである。
こういうときは、攻撃的ではなく、保守的になるべきだろう。

その駆け引きが判らない人に、カー・レースや登山は向かない!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.