2012-04-08

モスクワの象徴「赤の広場」を反対派支援者にオープンにした。

BBC Newsは、ロシアの政府当局は、反対派支援者がモスクワの「赤の広場(Red Square)」を自由に歩き回ることを認めたが、グループがテントを張るのは禁止したと報告した。

商標である純潔章を着用していて、白い花を持ち、多くの抗議者はクレムリンの壁の下で歩き回った。

何人かは、最近の選挙で主張された票操作に対するそれらのキャンペーンの一部としてちらしを渡した。

警察はテントを張ろうとする3人を止めるために介在した。

それらの1人で、境保全活動家のイブゲニア・チリコバ(environmental activist Yevgenia Chirikova)は、伝えられるところによれば一旦拘留されたが、すぐに解放された。

ロシアの警察はインタファックス通信(Interfax news agency)に、「小さなフーリガン行為(petty hooliganism)」の責任を負った後に、彼女と拘留された2人が解放されると予想された、と伝えた。

「クレムリンの外側のテントは違法政府に対する抵抗のシンボルです。」とイブゲニア・チリコバがその後Twitterのメッセージで言った。

12月と3月に選挙中に、抗議者は、赤の広場でデモをすることを認められなかった。

「赤の広場」は暗黙の抗議のためにそこに集まることを活動家が試みた先週末に封鎖された。
また、逮捕された。

しかし、日曜日に、「赤の広場」の雰囲気はリラックスしていた、と特派員が伝えている。

ロイターの通信社によれば、「何百人もの抗議者」集まった。

活動家ヴィタリー・ザロモブ(Vitaly Zalomov)は、
「別の惑星へ来たように、私は感じます。私は、何が起こっているか理解しません。ここはクレムリンです。」
「警察はどこにありますか。」とロイターに伝えた。

ウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)が大統領に返り咲こうとする時、巨大な抗議集会は先月と、12月の大統領選挙の前と議会選挙の後にモスクワで開催された。

ドミトリー・メドベージェフ大統領(President Dmitry Medvedev)の元で、現在首相を務めている彼は、2012年5月7日に大統領として開始される予定で、その後に彼は、形式的にクレムリンへ戻ることになる。

大きな流れは、止まった。

「赤の広場(Red Square)」で、アイスクリームを買って食べた。
あまり、旨くは無かった。
安っぽいアイスクリームだった。

「赤の広場(Red Square)」のGoogle Earthポインター情報
55°45'14.53"N,37°37'13.46"E
または、
55.754036, 37.620406