2012-04-08

サウジの王女が、祖国の大革命を開始した。

BBC Newsは、王女バスマ・ビント・サウド・ビン・アブドラジス(Princess Basma Bint Saud Bin Abdulaziz)がBBCに、サウジアラビアで明らかな階買うがあると言ったと伝えたと報告した。

今、女性が行動に許可を必要とする時代ではない。

彼女は、サウジアラビアの元統治者キング・サウド(King Saud)の娘として話しはじめた。

「私の父は、王国で最初の女子大学を設立し、奴隷制度を廃止し、首相から王の位置を分ける立憲君主政体を確立しようとしました。しかし、私は今日、その最愛の祖国がその初期の約束を満たしていないと言うために悲しませられます。」
「私たちの古代の文化は、非常に高慢で、高貴と寛大で有名です。しかし、私たちには、私たちの社会を管理する基本の民法が欠けます。そして、それは至急に、必要です。」
「娘、姉妹、妻、母親、女性ビジネスマンおよび働くジャーナリストとして、これらは私はサウジアラビアで改革され、見せて欲しいものです。」と言った。

1. 構成(Constitution)の改革
法則だが、さらに私たちの民法と政治文化のガイドとして役立つ前に、対等な立場で男性および女性をすべて扱う適切な憲法を見たい。

例えば現在のサウジ法廷では、決定はすべて個々の裁判官の神聖なコーランの解釈によって下されている。

これは、ガイドとして彼自身の個人的所信、および普遍的に同意された法則あるいは成文憲法ではなく、しつけに完全に依存する。

私は、私たちのニーズと文化に適するために西のシステムを要求しておらず、そのシステムの適応物を要求している。

したがって、私たちの構成は、今そうのようにコーランの哲学によって石の中でセットされ、個々の裁判官の気まぐれにオープンでない法則をオープンにすべきだと言っている。

特に、構成はそれらの性別、ステータスあるいは分派にかかわらずすべての市民の基本的人権を保護するべきである。

誰でも法の前に等しいに違いない。
これは、基本的人権の確保を訴えている!

2. 離婚法(Divorce laws)の改革
現在の離婚法則が乱用であると訴えている。

現在のサウジでは、「Khali」と「Dhali」と呼ばれるものの申請をする場合のみ、女性は離婚を求めることができる。

これは、彼女が何万ドルという大きな額の金銭を払うか、どちらかを意味する。

この状態は、私たちの法律はそれで基づくと思われるコーラン(Koran)への完全な矛盾である。

女性は、単に「和解不可能な違い」の場合には、離婚する十分な権利を与えられべきである。

3. 教育組織のオーバーホール(Overhaul of the education system)
現在の女性が、サウジアラビアで扱われる方法は、私たちの子どもたち(少年と少女)が学校で受ける教育の直接の結果である。

この概要の内容は非常に危険である。
私たちは、若い女性の社会の位置が下位であると教えられる。
彼女の役割は、彼女の家族と育児のために役立つことに厳密に制限されている。
それらは、女性が神以外に誰かを崇拝しなければならなければ、それが彼女の夫であるべきであることを実際に教えられる。

これはコーランの完全な誤解の結果である。
これらのイデオロギーが本質的に乱用である。

4. 社会福祉事業の完全な改革(A complete reform of social services)
社会事務省は、それらの保護ではなく、女性への残酷を許容している。

虐待された女性が変わることができるただ一つの避難場所は州ホームである。
これらでは、女性は、避難によって、彼らが家族の恥をもたらしたと連続的に伝えられる。

強力な家族から来れば、それらは強力な家長の激怒を恐れて家へ直接に送られる。

その結果、教養のある女性、医者、および彼らの濫用者に派遣された科学者による自殺の多くを見た。

私たちは、家風を無視することができ、女性を保護することができる強力な法によって、女性の権利が支持され、バックアップされる独立した女性の避難所を必要としている。

社会事務省は女権を侵害するだけでなく、さらに貧困が王国においておびただしい理由のうちの1つである。

透明を欠く汚れたシステムは、たとえ私たちがこの世で最も裕福な国々のうちの1つでも、私たちの人口の50%以上が生活困窮者であることを意味した。

5. 付き添い人の役割(The role of the Mahram/chaperone)
サウジの中の女性は移動することができず、mahram(一種の付き添い人 - 通常男性の関係詞)なしでは旅行することができない。

予言者の時に、女性は人にかつてはそれらを伴わなかった。

しかし、当時のアラビアは文字通り海賊と山賊でにいっぱいの砂漠であった。

現在、そのような法のただ一つの目的として、女性の移動の自由を削減することになっている。

これは女性を小児化するだけでなく、それらの男性と社会上で不必要に負担に変える。

現在、サウジアラビアの女性は駆動に許可されていない。

しかし、私たちが最初に得る必要のある、より重要な権利がそこにある。

私は明確に女性の運転の権利である。
これはこの法の反対する適切な時間ではない。

サウジアラビアでは、無許可で女性が車を乗り回している。

この法が危険である。

このステップをとる前に、法および女性に対するその姿勢での根本的変化が必要になっている。

概して、サウジアラビアにおいて、女性の権利が発散させるものから重大なのは、すべての市民の権利および自由である。

サウジアラビアの女性改革が、以前から話題になっている。

CNNは2011年06月17日に、保守的なイスラム教の王国は、女性のドライバーの禁止に挑戦していると報告した。
金曜日にサウジアラビアは、要点を理解させるために彼女らへキーを点火した。
しかし、サウジアラビアの女性は、挑戦的なままであったと言っている。

ヨルダンのラニア・アル・アブド(Rania Al Abdullah)女王陛下は2010年02月16日に、GSMA Mobile World Congressで、世界のすべての子供が2015年までに学校へ行く機会があるのを保証するために、携帯電話業界、フットボール世界、チャリティー、および教育チャンピオンを集めて1GOALキャンペーン「万民の教育(Education for All)」を公開したと報告した。

BBC Newsは2009年10月24日に、サウジアラビアの女性ジャーナリストはサウジアラビアの男性による婚外の性生活について説明したテレビ番組で60回のむち打ちの刑という判決を下されたと報告した。

しかし、AP通信は2009年10月27日に、サウジアラビアの王がきわどいテレビ番組で起訴された女性のジャーナリストで世界中が注目していた2番目に許し難い裁判で、むち打ち文を放棄したと報告した。

サウジアラビアのプリンセスHassa bint Salmanが2008年02月05日に、女性が多くの制限にかけられた国で、女性のジャーナリストを育てる目的で、毎年US$27万の賞と奨学金を提供すると報告した。
プリンセスHassa bint Salmanは、リヤード政府のプリンスSalman bin Abdul Azizの娘で、Salman bin Abdul Azizはアブドラ国王(King Abdullah)の異母(父)兄弟である。

もしかすると、プリンセスHassa bint Salmanが動いたかもしれない。

アラブ革命は、アラブ王族の女性が主導し始めた!