gaYa広告

2012年04月06日

「ビートルズ」の2世バンド?

AFPは、BBC Newsからの情報として、バンド「ザ・ビートルズ(The Beatles)」のメンバー4人の息子たちが新バンドを結成するとの構想を、元メンバーであった69歳のポール・マッカートニー(Paul McCartney)の息子34歳のジェームズ・マッカートニー(James McCartney)が明らかにしたと報告した。

BBCのWebサイトに掲載されたジェームズ・マッカートニーのインタビューによると、故ジョン・レノン(John Lennon)の息子ショーン・レノン(Sean Lennon)、故ジョージ・ハリスン(George Harrison)の息子ダーニ・ハリスン(Dhani Harrison)、リンゴ・スター(Ringo Starr)の息子ザック・スターキー(Zak Starkey)と、新バンド「ザ・ビートルズ―ネクスト・ジェネレーション(The Beatles -- The Next Generation)」の構想を話したことがあると認めたと言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

歌手兼ギタリストとして最近ソロデビューを果たしたジェームズ・マッカートニーは、この構想について「僕は乗り気だ」と意気込んでおり、「ショーンも、ダーニも乗り気のようだ」と話した。
一方、スターキーさんについては比較的消極的だとしながらも、ジェームズは「願わくば、自然の成り行きが味方して」バンドが実現できればと思っていると話している。

ビートルズの息子たち4人は、全員が父の軌跡をたどり音楽の道へ進んだ。
ショーン・レノンは米国のニューヨーク(New York)を拠点に活動するシンガーソングライターで、ダーニ・ハリスンはロンドン(London)のロックバンド「thenewno2」でリードボーカルを担当している。
ザック・スターキーは父のリンゴさんと同じドラム奏者として、ザ・フー(The Who)やオアシス(Oasis)などと共演している。

父親にうり二つジェームズ・マッカートニーは、「ビートルズを超えることを夢見てきた」と言う。
「自信はあまりないけれど」と認めつつ、ジェームズ・マッカートニーは「せめて、ビートルズに並ぶ所まで行きたい。でも、それさえもすごく難しいだろうね」とBBCに語った。

ジェームズ・マッカートニーは2012年04月03日に、リバプール(Liverpool)のライブハウス、カバーン・クラブ(Cavern Club)でライブを行った。
カバーンは初期のビートルズが演奏していたクラブで、最初にその名を広めた場所だった。

ジェームズ・マッカートニーがリリースした2枚のミニ・アルバム(EP)では、父のポール・マッカートニーがプロデューサーとして参加している。
そのマッカートニーさんは、今年になってからも最新アルバム「キス・オン・ザ・ボトム(Kisses on the Bottom)」をリリースするなど、引退の気配はみじんもないと言っている。

DailyMailの記事が、一番リアリティがある。

Q. Did you want to go to the Cavern to play in the venue where it all began for your dad?

Yeah I think so - just to embrace the Beatles legacy rather than running away from it.

Q. When you started performing, you used the name Light - was that an attempt to hide your identity?

Not really - I was just more inclined to have a band name that was a rock 'n' roll name that was spiritual. "And here is Light!" If I ever get to Wembley Stadium, that was what I had in mind.

I guess light is a common theme throughout religion and spirituality. Hindus worship light and it's something which is seen as being spiritual and divine.

Q. Have you always wanted to be a musician?

Yes - when I got to a certain age, I realised that I was somewhat better than other kids at school at guitar and took pride and enjoyment in that.

I then dreamt of being better than The Beatles. I'm not sure if I can do that. If anything, I would love to be equal to The Beatles - but even that's quite tough.

Q. How do you feel about people making the connection and comparison between you and your father?

I think it's great, I think it's an honour. I don't really think I am quite as good as The Beatles or my father but there are definitely influences.

Q. Is it a help or a hindrance having the name McCartney?

It's a help. It can be difficult standing on your own two feet but more than anything it's a help.

Q. What's it like working with your dad as well as having the family relationship?

It's amazing. Sometimes in the past, a few years ago, it can be difficult, it can be tense, like families can get. But beyond that it's beautiful.

He's a genius, he's beyond genius, and he's a big inspiration. Very intellectual and obviously amazing at what he does, so it's great fun. He helps me get in tune with myself and be the best person that I can be.

Q. What has his role been as co-producer?

Just directing me and having some ideas of what instruments we should put on, or encouraging me to sing a bit better or do another take. Also the arrangement or structure of the track and mixes - the whole process.

Q. Your dad hasn't tried to warn you off the music business?

No, not at all. He's very encouraging.

Q. When you were growing up, at what point did you realise your dad was famous?

I always realised that, when there were fans around who would ask for autographs and would always ask for mine sometimes. I would decline because my parents encouraged us to live a somewhat private life.

Q. What would you say to forming The Beatles - The Next Generation, with Sean Lennon, Dhani Harrison and Zak Starkey [Ringo Starr's son]?

I don't think it's something that Zak wants to do. Maybe Jason [another of Starr's sons and also drummer] would want to do it. I'd be up for it. Sean seemed to be into it, Dhani seemed to be into it. I'd be happy to do it.

Q. Has it been mooted?

Yeah, a little bit.

Q. Do you think it could happen?

Yeah, hopefully, naturally. I don't know, you'd have to wait and see. The will of God, nature's support, I guess. So yeah, maybe.

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告