2012-04-08

アブダビは、テスラ電気自動車会社の株を売った。

BBC Newsは、TAQA(Abu Dhabi National Energy)が所有していた、米国の電気自動車製造業者テスラ(Tesla)の7%の株を売ったと報告した。

政府によって四分の三を所有されたTAQAは、販売でそれがUS$1億1300万の利益を得たと言った。

テスラは2003年に設立され、その最良の自動車は2008年のテスラ・ロードスター(Tesla Roadster)が発売され、32か国で売られた。

さらに、それらは自動車製造業者ダイムラー(Daimler)とトヨタ(Toyota)が部分シェアを所有し、2010年のシェアをリストする価格がその時以来2倍になった。

テスラは2013年に有益になる予定であり、収入の3倍になると言われている。
そのプレミアム電気自動車「モデルS(Model S)」が、7月の配達によって支援された。

アブダビのTAQAは、2010年の終わりにAbu Dhabi Water and Electricity Authorityによって買われた730万株を売ったと言った。

それは、「テスラのビジョン、技術および製品への賞賛」を持っていたが、自動車製造業者はボディのための非芯投資だった、と言った。

アラブ首長国連邦は、その政府系投資ファンドAabar Investmentsを通じてダイムラーの筆頭株主のままである。