gaYa広告

2012年04月06日

中国の新エネルギー車計画は上半期に発表?!

新華社は中証網(中国证券网)からの情報として、第12回中国国際石油石化技術装置展覧会(第十二届中国国际石油石化技术装备展览会)で、工業情報化省(中华人民共和国工业和信息化部)企画司発展企画処(规划司发展规划处)の姚珺処長によると、工業情報化省が起草作業を担当する55件の第12次五カ年計画の産業計画のうち、これまでに約40件が公表され、残りも近く発布される予定で、その中で注目される新エネルギー車(新能源车)計画は上半期に発表されると予測した。

姚処長によると、新エネルギー車の発展路線については、まずハイブリッドカーを先行して発展させ、次に電気自動車へとシフトし、最終的に燃料電池車を育成するプロセスがとられるとの認識が普遍的となっている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

中国社会科学院工業経済研究所工業発展室の趙英主任(中国社科院工业经济研究所工业发展室主任赵英)によると、新エネルギー車計画案は今年の春節前に国務院弁公会議で審査されたが、却下された。
省エネ車に位置付けに対する認識の不一致が原因だったとみられる。
省エネ車と新エネ車を並行して発展させ、適度に代替エネルギー車を発展させ、在来型自動車の省エネ技術の進歩を堅持することが今の所の結論となっている。

趙主任によると、工業情報化省はハイブリッドカーをサポートするものの、プラグインハイブリッドカーが依然として主流になっている。
ただし、ハイブリッドカーに大口補助を与えれば、トヨタに大部分のシェアを取られるとの懸念が浮上している。
小型ハイブリッド動力をプラグイン動力、さらには電気動力までに発展させる過程は10年~15年が必要であり、新エネ車が自動車消費の主流に成長するのはさらに長い時期がかかる。

姚処長によると、国家発展改革委員会が先頭を切って制定し、工業情報化省が策定した「エネルギー『十二五』企画」(《新材料产业“十二五”发展规划》、《电动汽车科技发展“十二五”专项规划》)も国務院に提出された。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。