gaYa広告

2012年04月06日

天安門事件を励起した方励之が死去した。

BBC Newsは2012年04月07日に、中国の反体制派で、1989年の天安門広場抗議を励起するスピーチで支援した方励之(Fang Lizhi/方勵之/1936 - 2012)が米国で2012年04月06日に76歳で死去したと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

中国で、主要な天文物理学者であった彼は、不安をかき立てたとして非難されて、1987年に共産党から追放された。

彼は公に天安門抗議を支援したが、公の役を演じなかった。

中国政府当局は、方励之および彼の妻は、天安門事件に対する弾圧で、永久に中国を去る前に1年間米国大使館に避難した。

夫婦は、死刑を伴った容疑を科せられるのではないかと心配した。

中国の引き渡し要求にもかかわらず、米国は、引き渡すことを拒絶した。

郵便労働者の息子であった方励之は、1980年代に合肥(Hefei)で中国科学技術大学の副学長になった。

彼は、民主主義がトップ・ダウンではなく、ボトム・アップものからだったと学生集いに伝えたとして引用された。

彼は中国の共産党について
「マルクス主義は、片付けられるに違いない着古された服に似ています。」と言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。