2012年04月06日

米国から「ピンク・スライム(pink slime)」は消えるのか?

美容と医学の科学

BBC Newsは、「米国の赤身の牛肉挽き肉」を作る米国にある4つの工場の内、3つの工場が一般市民の抗議に続いてシャット・ダウンされることになっていると報告した。

批評家が「ピンク・スライム(pink slime)」と呼んでいるそれを米国で終わらせることができるのか?
それとも別の名前で再度復活させることができるのかもしれないと言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ジェイミー・オリヴァー(Jamie Oliver)が「ピンク・スライム」と呼ぶ1杯のものへアンモニアをはねかしたとともに、買物客の顔の上の外観は、それをすべてを物語り、ぞーっとさせられた。

彼らがここ数年を買っていたバーガーの牛肉が、カット肉以外を含んでいないと信じていた。

しかし、ここでテレビ・シェフが、国の2011年版の中で、ジェイミーの食物革命を示し、それらのバーガーは、どのように前の数十年間で、ドッグフードに使用され、単に化学薬品で扱われることにより人間の消費のために適合された肉になるかを説明した。

主な米国スーパーマーケットによる決定、止まるファストフード店。またいくつかの公立学校での食物の使用、それは脂肪がない素晴らしく織りビーフを含んで、「ピンク・スライム」を与えるために、その正式名「victory for Oliver and online campaigners」で、それを罵倒した。

しかし、850の食肉加工の損失は、アメリカが高失業率を受けている時に、多数怒らせました。
そして、いくつかの伝言板上でジェイミー・オリヴァーを嫌悪に変えた。

米国農務省は、テキサス州のブロガーであるベッティーナ・イライアス・シーゲル(Bettina Elias Siegel)が9日間で200,000を超えるオンライン署名を集めた後、学校が、それらのカフェテリア・メニューからの「ピンク・スライム」を含んでいる製品を削除することを今認めた。

狂牛病のときも、かなり危険な肉を使っていることが指摘されたことがある。

また、スーパーでネギトロと呼んでいるものが、赤身と牛か豚の脂を練り込んでことが発覚したこともあった。

加工肉や加工食品の中には、危険なものも多いことを当時知ったことがある。

それに似たことが、米国人の好きなバーガー用の肉であった。

日本のハンバーガーの肉も米国から輸入されている。

多分同じ問題があることだろう。

ドッグフードを化学薬品で調合して、人間用に使用されるなど誰も知らない。

私はすでに何10年も、米国チェーンのハンバーガーは食ったことがない。

Pink slime
* Lean Finely Textured Beef is made from fatty beef carcass off-cuts
* It is heated and spun in a centrifuge to remove most of the fat
* It is then exposed to ammonium hydroxide gas to kill bacteria such as E. coli and salmonella
* It has been added to burgers and other beef products in the US since the early 1990s to keep costs down
* The term "pink slime" was coined in 2002 by former US government scientist-turned whistleblower Gerald Zirnstein
* It was found in 70% of ground beef in US stores
* The US Department of Agriculture allowed schools to remove products containing "pink slime" after an online petition
* Supermarkets and fast food outlets also joined in the boycott
* The beef industry claims it would have to kill an extra 1.5 million cattle a year to make up the "pink slime" shortfall

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告