gaYa広告

2012年04月06日

イギリスで、タバコの展示販売禁止を施行開始!

美容と医学の科学

BBC Newsは、イギリスの健康大臣が、タバコの展示販売禁止が、イギリスで喫煙を始める若い人々の数を抑制するのを支援するだろうと言ったと報告した。

日本の厚生労働省は、ほとんど何もしないで、政府は税金集めの手段に利用している。
日本の政治家や官僚は、国民の健康の前に、お金のようである。

昔は専売公社が売っていたことから、仲間意識か?
それとも過去の責任回避か?

イギリスでは小型店舗でのタバの展示販売は2015年まで免除されているが、大きな店およびスーパーマーケットで、たばこおよび他の製品は、カウンター以下に保持されなければならないことになった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

イギリスのタバコの展示販売禁止反対派は、喫煙率を押し下げるために相似行動を計画している。

批評家は、禁止が区別となり、若い喫煙者を落胆させないだろう、と言った。

イギリスの健康大臣アンドリュー・ランスレー(Andrew Lansley)はBBCに、
禁止が、人々が喫煙を始めるのを妨げ、さらに禁煙しようとするものを支援するだろうことを彼が望んだと伝えた。

タバコの展示販売禁止に続いて、今年後半にはパッケージ・デザイン規制も導入されると予測されている。
つまり、さわやかとか、健康的なイメージで、危険物を騙して売ることが禁止される。

タバコのディスプレイ禁止(Tobacco display ban)は、280平方m以上(3,014平方フィート)の店へ当てはまる。

喫煙者の3分の2は、18歳になる前に、喫煙をし始めていた。
このような若者を減らすこと、「to curb young smokers」が目的と言っている。

公衆衛生大臣アン・ミルトン(Public health minister Anne Milton)は、アイルランドからの証拠を引用し、喫煙を特に若い人々にあきらめさせる際に、重要な役割を果たすかもしれないことを示唆した。

イギリス・チャリティー癌リサーチのジーン・キング(Jean King, of charity Cancer Research UK)は、今回の禁止は、喫煙し始めることからの明るく色づけしたタバコ・パッケージングに引きつけられる子どもを止めるのを支援するだろうが、一層のアクションがまだ必要だった、と言った。

さらに、「これは正常なコンシューマ製品ではありません。それは人々を殺します。」と言っている。

つまり、意識としてタバコは、殺人鬼であった。

「私たちは、子どもの次世代を保護したい。」と彼女が言った。

しかし、その動きはタバコ産業を転覆した。

同様の禁止を導入するスコットランドによる動きは、インペリアル・タバコ(Imperial Tobacco)によって得られた法的行為により遅れた。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(British American Tobacco)のスポークスマンは、
「私たちは、若者を含む人々が喫煙を始めるのを、製品をカウンターあるいはカーテンまたはスクリーンの後ろにの下に隠すことが止めさせるだろうと思いません。」
「ディスプレイ禁止が正当化されることを証明する正常な証拠はありません。」
彼は、それがタバコ製品の不貿易をむしろ促進するかもしれないと付け加えた。

彼らは、自宅で自分のことを子供達にどう説明しているのだろう。

殺人鬼の仲間!?

日本たばこ産業の社員は、まさか健康産業などと言っていないだろうことを期待したい。
なぜなら、日本たばこ産業は、ミネラル・ウォーターなども売っている。

カナダ、アイルランド、アイスランドおよびフィンランドを含む多くの国々は既に同様の禁止を導入した。

オンタリオのワーテルロー大学のデービッド・ハモンド教授(Prof David Hammond from the University of Waterloo in Ontario)は、カナダでの禁止が特に若い人の中で喫煙の下落に結びついたと言った。

ぜひ止めて欲しいのは、空港のTAX Freeでのたばこ販売である!
あの空間は、政府が深く関与している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト