2012年04月03日

ブリティッシュ航空オリンピック・ハト飛行機!?

BBC Newsは、ブリティッシュ航空オリンピック・ハト飛行機(London 2012: British Airways Olympics dove plane)が明らかにされたと報告した。

何だって!

それは鳥か。
それは飛行機か。

それは鳥のように見えるために描かれた飛行機であった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ブリティッシュ航空は、ロンドン2012オリンピックをマークするために、ハト設計を備えた9機のA319sの1番目を塗り重ねた。

ブライトンのデザイナーであるパスカル・アンソン(Pascal Anson)の美術品は初めて火曜日にBAのコペンハーゲン飛行へ向けて、1420ヒースロー上で見られた。

設計は、オリンピック・パラリンピックのゲームまでの実行で、ブリティッシュ・タレント・プロモートする目的で、会社によって実行されるコンテストの結果であった。

ターナー賞に指名された芸術家トレーシー・エミーン(Tracey Emin)は、2011年7月に、何百ものエントリーからアンパスカル・アンソンのデザインを取って、判断したパネルにいた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告