on-the-time.jp

2012年04月03日

竹ブーム!次世代のマテリアル!

美容と医学の科学

BBC NEWSは、竹は織物から建築まで、用途と共に、新しい最高の材料として迎えられていると報告した。

さらに、竹には、最も大きな温室効果ガスである二酸化炭素を大量に吸収し、かつ世界で最も貧しい人々のうちの数人に現金を提供する可能性があると言っている。

そのイメージは変化をしている。

何人かは、今それを「21世紀の材木」と呼んでいる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

今日、1組の竹ソックスを買うか、あるいは家の中で完全な荷重支持の構造ビームとしてそれを使用することがでる。また、その仲間は約1,500種類があると言われている。

竹が消費者として、私たちのために役立つことができ、さらに、炭素を捕らえるその無比のキャパシティーのために気候変化の影響から惑星を保存するのを支援することができる方法として、急速に成長している認識がある。

昨年世界竹機構(World Bamboo Organisation)のプレジデントになったマイケル・アバディ(Michael Abadie)は、
「フィールドは、森林から工場および商人まで、人々は設計室から大学の研究所まで、政治権力中のものまで、ますます広がっている。これを、再生資源として潜在的に知っている。」

「最近の十年間で、竹は主な経済作物になりました。」とアバディが続けた。

産業上竹を処理する新技術と方法は、それが木製品と欧米市場を有効に競争し始めることを可能にして、大きな違いを生じた。

世界竹市場が現在、約US$100億であると推測されている。
また、世界竹機構は、それが5年で2倍になるかもしれないと言った。

発展途上世界は今この潜在的成長を包含している。

東ニカラグアでは、ほとんどの地元住民によって、最近見なおされるまで、竹は無価値であると考えられ、れらの地域にとって恩恵より取り除かれる迷惑としてより多く見なされてきた。

しかし、濃厚な森林被覆の下に以前からあり、次に、焼畑耕作で上方へ変わった土地、農場で働くことにおいて、新しい竹プランテーションが上昇している。

中国や日本は、竹を食っている。

竹は腸を清掃してくれる。
それは同時に、癌予防策にもなる。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。